MEO対策とは?上位表示させる具体的なポイントと費用相場を徹底解説!

MEO対策とは

更新日:

MEO対策って何?MEOとは?

MEOとは、“Map Engine Optimization”の頭文字をとった略称で、主にGoogleにおいて地図検索の上位表示を目指すことです。
広義にはSEOの1つに分類されるため、ローカルSEOと呼ばれることもあります。

特に店舗型ビジネスやローカルビジネスにおいては、重要なWEBマーケティング施策の一つとなっています。

具体的には、Googleマップの検索結果(ローカル検索)において上位表示を実現するために、検索アルゴリズムに則ってGoogleマップ上に掲載される店舗や事業所の情報を最適化することを指します。

近年ではスマートフォンの爆発的な普及によるユーザーの検索行動の変化、そしてGoogleアルゴリズムの精度向上に伴い、改めてMEOは実店舗を所有する事業者から高い関心を集めています。

Googleが公表した”Micro-Moments:Your Guide to Winning the Shift to Mobile“では、”モバイルシフトを勝ち抜くためのガイド”として、マイクロモーメントを考慮するよう推奨されています。
マイクロモーメントとは、消費者が「知りたい」「行きたい」「やりたい」「買いたい」と思った瞬間にモバイル端末で検索するという突発的な消費者行動の事です。

今後もモバイル端末による位置情報をもとにした検索は、さらに拡大することが予想されるため、競合他社に先駆けたMEO対策が望まれます。

MEOの重要性は?

MEOが重要視される理由としては、その性質上”非常に目立つ位置に掲載される“ことです。
Googleの検索結果の上部に位置するマップに店舗名などが表示されるので、一覧表示されているオーガニック検索よりもユーザーの目に留まりやすく、より多くの広告効果が期待できます。

例えば、Googleで「ホルモン 代々木」などと検索を行うと、通常の検索結果よりも上にGoogleMapを通して店舗情報が表示されています。
具体的な動機と地域名をセットで指定して検索するユーザーは、いち早く店舗の情報を知りたいと思っている事が多く、通常のサイトよりも直感的に判断してクリックすることでしょう。

また、このMEOの枠内では、店名がランキング形式で順番に表示されるので、マップ内においても上位表示化が可能です。

結果としてMEOで上位に表示されることは、多くの人の目に触れることになり、検索エンジン経由の集客増加に大きく貢献することでしょう。

昨今のGoogleは、増え続ける膨大なページや情報に対応するため、アルゴリズムを急ピッチで進化させてきました。
SEO対策の難易度も上がったこともあり、初心者や小規模の事業者であれば、SEO対策よりもMEO対策のほうが費用対効果が高くなる可能性も十分にあると言えるでしょう。

MEOとSEOの違いをわかりやすく解説

MEO対策は、検索する場所によって順位が変わります。
例えば、「ホルモン 焼肉」で”東京都杉並区から検索“した場合と、”沖縄県那覇市から検索“から検索した場合では、検索結果が異なります。
※リンク先にある”地域名を変更する検索のやり方”は、後述の”無料MEO順位チェックツール GeoLocation“で調べることができます。

特に大きく変化する部分は、Googleマップ上の店舗情報です。
このGoogleマップに表示されるためには、まず店舗情報をGoogleマイビジネスに登録申請する必要があります。

Googleは検索した人の場所にあわせた最適な情報を最適な形で提供してくるので、これらを上手く活用して集客効果を最大限に高めるためには、Googleの基本的な仕組みや概念を理解・意識した上での対策が求められます。

一方SEO対策は、コンテンツの改善を行ったり、増やしたりとWEBサイトに対策を施すことです。

MEOは主に”地図上の店舗情報を最適化して上位表示する”ための施策であり、SEOは”WEBサイトのページを最適化して上位表示する”ための施策であると考えてよいでしょう。

MEO対策のキーワード選定とビジネスプロフィールの設定

MEO対策でまず気をつけなければならないのは、キーワードの選定です。
例えば、焼肉屋を経営している場合は、キーワード設定が「焼肉屋」だけでは不十分であり、「地域名+業種名」のような複合キーワードを複数選定する必要があるでしょう。

代々木に焼肉屋を構えている場合は「代々木 焼肉(屋)」、さらに”渋谷区”という点から渋谷近隣のエリアワードも意識してください。

また、”ホルモン”なども揃えている場合は、関連するキーワードを増やす事で、ターゲットになるユーザーを広げることができます。

キーワードが確定したら次に行うべきことは、Googleマイビジネスのビジネスプロフィールに正確かつ詳細な店頭情報を掲載することです。
基本情報やカテゴリー設定を行うことで、ビジネスプロフィールに掲載する情報を最適化します。

検索評価を獲得するためには、店舗に関連するキーワードやエリア名、トピック情報の多くを明確に掲載しましょう。

ビジネスプロフィールの設定は、検索されたキーワードとの関連性に大きな影響を与えます。
注意すべき項目は以下です。

  • カテゴリーを登録する
  • 住所とMAPピンを設定する
  • 営業時間を掲載する
  • 電話番号を掲載する
  • ウェブサイトのURLを掲載する
  • サービス/商品情報/提供メニューを掲載する
  • 出来るだけ全ての情報を詳しく入力する
  • 常に最新の内容が反映されるように更新し続ける
  • レビュー数を増やす取り組みを行う
    (低評価レビューが出た場合は、フォローアップのコメントを行う)
  • サイトやSNSでサイテーション(引用・言及)を増やす活動を行う
  • NAP情報(店名、住所、電話番号)は、サイトやSNSで表記を統一する

これらの項目は、一部ガイドラインが設けられていますので、規約違反にならないように注意しながら登録作業に取り組む必要があります。

MEO対策のメリットは?

MEO対策にはメリットとデメリットがありますが、地域検索に大きく左右する店舗事業者にとってはメリットの方が圧倒的に上回るでしょう。
まずは、MEO対策を行うことによる3つメリットを以下にあげます。

メリット1:ユーザーの目に留まりやすい

近年、スマートフォンの普及に伴い、インターネットから気軽に店舗を検索する人が増えてきています。
特にスマートフォンによるモバイル検索結果では、PCと比較して画面が小さいこともあり、上位に表示されるGoogleマップといったローカル検索に表示させることが非常に有利です。
ユーザーに情報をいち早く届けることが出来れば、露出も増えてブランディングの強化になることはもちろん、クリック率が高くなるので顧客獲得の機会が増える可能性が高まります。

メリット2:来店率の高いユーザーへの情報訴求できる

仮に、前述したような「代々木 焼肉」と検索したユーザーがいた場合、心理としては当然のことながら”代々木にある焼肉屋”を探していることでしょう。
“焼肉を代々木で食べたい”という明確な意図がみられるため、理想的な焼肉屋が代々木にあれば、実際に足を運ぶ可能性が高くなるはずです。
店舗を検索結果の上位に表示することが出来れば、来店率の高いユーザーに的確な情報訴求を行うことができます。

メリット3:SEO対策よりは比較的成果が出やすい

通常検索の上位表示は、SEO対策に長けた強力なライバルがしのぎを削っていることが多いでしょう。
そのためWEBサイトを上位に表示させるためには、時間、労力やといった多くのコストと必要とします。
しかしながら、MEOはSEOとは対照的に、その地域にある同業種の店舗のみが競争相手となります。
もちろんMEO対策を意識している企業や店舗は多くなってきていますが、通常はその性質上クリック率や露出度が高いこと、ライバルが集約されていることから、費用対効果も高くなる傾向があると言えるでしょう。

MEO対策のデメリットは?

MEO対策のデメリットとしては、Googleを利用している一般ユーザーからの評価が無造作に投稿されてしまうことです。
インターネット上だけに留まらず、実店舗による企業努力を怠ると、その口コミや評判が逆効果となってしまう場合もあります。

デメリット1:覚えのない悪口や悪評がレビューとして書き込まれる可能性がある

悪意のあるユーザーからの投稿やレビューは、お店の印象に悪影響を及ぼす可能性があります。
また、クレームのような投稿が行われてしまった場合は、アフターフォローとして誠意のある対応を心がけましょう。
誠実な対応を見た別のユーザーに好印象を与えるとともに、レビューを投稿したユーザーにも考えを改めてもらえる可能性も高まります。

デメリットその2:すぐに効果が現れにくい

SEOと比較すると難易度は大きく下がりますが、クリック型広告などとは異なり、即日成果が出るものではありません。
下準備も含めて、Googleの認識を強めていくためには、中長期を視野にいれた施策であると捉える必要があります。

MEO対策の費用

MEO対策をご自身で行うのであれば費用はかかりません。
Googleマイビジネスを運用しつつ、サイトやSNSに適切な情報を掲載しつづける事が出来れば、MEO対策そのものに費用が発生することはないでしょう。

一方、ご自身やスタッフの稼働を削減したい場合は、MEO対策を専門の業者・企業・代理店などに依頼することになります。
それでは、実際にMEO対策を業者に依頼した場合に、いったいどれくらいの費用がかかるのかを以下で解説していきます。

MEO対策の相場

業者にMEO対策を依頼する際の費用は、おおよそ月額5万円程度が一般的です。
施策内容や契約期間などによって費用は異なりますが、MEO対策の相場はSEO対策に比べると低価格になります。

MEO対策の契約プラン

MEO業者によって、「成果報酬型」と「固定報酬型」の契約形態があります。
プロのMEO業者に依頼する際には、まずこの契約形態の違いを理解することが大切です。
ここでは、この2つの違いについて解説していきます。

成果報酬型

成果報酬型MEOは、Googleマップ上で指定したキーワードが上位表示された場合に課金される方式です。
通常、取り決めたキーワードで目標としている順位に到達しない限りは、そもそも費用が発生しません。
Googleマップで上位表示された場合に限って、「表示日数×1日の成果金額」で月々の支払額が決定されます。

固定報酬型

固定報酬型MEOは、Googleマップ上で上位表示の有無に関わらず、固定で月額課金されるプランです。
一般的に6ヶ月や1年といった契約期間が設定されており、予算の範囲内でMEO対策が行われます。

MEO対策の費用対効果は?

MEO対策の費用対効果は、結論として高いと言えます。

MEOの場合は、比較的競争率が低く、SEOと比較しても求められる専門性や技術力が低いので、月額5万円程度の低価格プランであればやる価値は高いと言えるでしょう。
また、効果を実感できるようになるまでの期間も、SEOより短くなる傾向があるので、Googleからの集客を急いでいる方にはメリットとなります。

しかしながら、一概にSEO対策よりも優れているとは言い切れません。
やはりSEO対策による上位表示化は、多くのユーザーに様々なキーワードでアプローチが可能な点、またSEO対策がしっかりと行われていれば、そもそもMEO対策を行う必要がないほど、Googleから高い評価を得られるといった点が理由です。

あくまでもMEO対策は、”SEO対策やリスティング広告の補助”として活用するべきでしょう。

ローカル検索においての順位確認方法

ローカル検索の順位チェックは、Googleデベロッパーツールをうまく活用することで実現が可能です。
しかしながら、複雑な操作を求められるため、ブラウザや検索エンジンの知識が少なからず求められてしまいます。
また、多くのキーワードを1つ1つチェックしたい場合は、手動で調査すること自体おすすめできるものではありません。

そこで、“場所”と”キーワード”を入力するだけで簡単に調査できる”無料MEO順位チェックツール“を開発しました。
“言語”も設定できるため、どこにお住まいの方でも、どこに移動しても、希望の場所から希望の地域検索の結果を取得することが可能です。
無料で利用できるように一般開放しておりますので、MEOをご自身でチャレンジされる方は是非ご活用ください。

まとめ

Googleマイビジネスのプロフィールを改善することで、ローカル検索で上位に表示される可能性が高まることを解説しました。
近年、店舗が盛り上がるか否かは、インターネットによる影響や集客力次第とも言えるのではないでしょうか。

しかしながら、そもそもの接客が悪かったり、サービスの質を高める努力を怠ると、悪い評判が投稿されることにも繋がります。
MEOは施策自体は難しくないものの、実店舗の立ち振る舞いがそのまま連動してしまう分、とてもデリケートな対策であると言えるでしょう。

よくある質問

MEO対策は意味ない?

MEOには多くのメリットがありますが、外注かを行う場合はその特徴を知っておかないと、かえって損をしてしまうこともあります。複数の業者で比較・検討を行い、契約後も進捗の確認などを行って、ともに取り組んでいく姿勢を忘れないようにしましょう。

MEO対策は自分で出来る?

Googleが独自に収集した情報をもとに、すでに店舗情報がGoogleマップに紹介されていることもあります。 Googleが自動的に無料プロモーションを行ってくれるので、あとはご自身にて「正確な情報が掲載されているか」を定期的に確認するだけでも、MEOの効果はあがるでしょう。

当サイトの運営者で、目からウロコのSEO対策「真」常識の著者。主にSEO、SXOの考え方について、現場での経験から、どのようにGoogle検索エンジン対策を行えばよいかを具体的に解説できるよう努めています。再検索キーワード調査トピッククラスター構築ツール共起語調査ツール競合キーワード調査ツールキーワード難易度調査ツール検索ボリューム調査ツールサジェストキーワード調査ツールMEO順位チェックツールの考案者であり開発者。詳しくはプロフィールをご覧ください。SEO対策のお仕事に関するご依頼・お申し込みは、こちらのフォームから承っております。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

, , ,