ナレッジパネルとは?ナレッジパネルに掲載・認証・表示される方法を徹底解説! | SEO対策ドットコム

ナレッジパネルとは?ナレッジパネルに掲載・認証・表示される方法を徹底解説!

更新日:

要約:

ナレッジパネルとは、Google検索結果に表示される特殊な情報パネル枠のこと。
ビジネス、人物、製品、イベントなどに関する情報が表示されるため知名度や認知度向上に役立つ。
ナレッジパネルに反映される情報は、正確かつ最新であることが求められる。

はじめに

ナレッジパネルとは、Google検索結果の上部に表示される情報パネルのことです。

これは、Googleで検索されたクエリに対する最も適切な情報を検索ユーザーに提供できるように設計されています。

ナレッジパネルは、企業や個人などの存在感(オンラインプレゼンス)を高める重要な手段の1つです。

この記事では、このナレッジパネルについて詳しく解説していきます。

ナレッジパネルの認証とは?

ナレッジパネルを編集するには、まずナレッジパネルの認証を受ける必要があります。

認証を受けるにはGoogleによる審査が必要であり、この審査には数週間かかることがあります。

多くの人々がナレッジパネルの認証を希望する理由としては、自社情報や人物の経歴を掲載することで、SEO対策やマーケティング力の向上に期待が持てるためです。

ナレッジパネルに掲載されるメリットとは?

ナレッジパネルは、ビジネスや個人のプロモーションにおいて多くのメリットをもたらします。

ナレッジパネルに掲載されることで、法人であればビジネス情報、個人であればその人物の経歴や活動履歴に関する情報を特定のサイトに移動することなく、Googleの検索結果上で閲覧することができます。

また、ナレッジパネルに掲載された情報は、ビジネスの信頼性を高め、顧客や検索ユーザーに安心感を与えることが出来るので、結果的にインプレッションやアクセス数が増える傾向にあります。

ナレッジパネルはSEO対策に効果あり?

ナレッジパネルは、法人個人問わず、検索結果上で露出を高めるための重要な手段です。

ナレッジパネルに掲載されることで、ユーザーによる閲覧や訪問数、氏名検索数が更に伸びる可能性があります。
そのようなことから、Googleが重要視しているE-E-A-Tが向上することが考えられるため、検索エンジンのランキングにも少なからず好影響を及ぼすでしょう。

つまり、SEO対策にも効果的なのです。

個人でナレッジパネル認証を目指す!成功のポイントと手順

個人で認証を受けるためのポイントと手順について解説していきます。

まず始めに、個人ナレッジパネルに掲載したい情報を整理しましょう。
個人のナレッジパネルには、申請フォームというものが存在しないため、関連するプロフィール情報や画像を充実させる必要があります。

ウェブサイトやブログSNSなどを運営している場合は、該当ページ個人ステータスに関連する情報もしっかりと登録しておくと良いでしょう。

また、検索エンジンに認識されていないページは、ナレッジパネルの情報元としてGoogleに参考にされることはありません。

URLを登録し、プロフィールや活動状況などが掲載されているウェブサイトがしっかりとクロールされるように設定することも大切です。

次に、SEO対策を講じましょう。ご自身のページを充実化させるだけではなく、他社からの紹介や企業との連携も重要で、公式な情報とともに、第三者からのリンク供給や人物紹介が行われていることが望ましいです。

運良く、個人のナレッジパネルが出現した場合は、以下のように“ナレッジパネルの認証を受ける”ボタンから申請をすることが可能になります。

Googleのナレッジグラフ問い合わせフォームから、必要な情報を入力し、送信します。適切な対策を講じて、手順に従って申請することで、個人でナレッジパネル認証を受けることができます。

この承認を突破できれば、書籍やニュースなどの著者としての信頼性が向上し、ユーザーに対して価値ある情報を提供できるようになり、Amazonやその他のプラットフォームでの書籍販売にも影響を与えるでしょう。

認証が取得できると以下のような通知がメールで送られてくるので、その後は定期的なコンテンツの更新を行いましょう。

これにより、Googleは常に最新の情報を取り込むことができるようになり、ナレッジパネルの表示も鮮度が維持されます。

ナレッジパネルに掲載されている情報に不備や間違いがあれば、出現している項目に対してだけ修正を行うことができます。

適切な手順と対策を踏まえ、個人でのナレッジパネルの登録を目指しましょう。
登録を成功させるためには、以下の点に注意して取り組むことがポイントです。

  1. コンテンツの質を高める
    個人プロフィールの詳細や画像・動画を充実させ、正確な情報を提供しましょう。
    また、独自性や専門性を持った鮮度の高い情報を発信し続けることで、他の競合サイトと差別化を図ることを意識しましょう。

  2. ソーシャルメディア(SNS)との連携
    ソーシャルメディアを活用して、自分の活動や存在を多くの人々に広めることが効果的です。
    ユーザーとのコミュニケーションに力を入れ、フォロワー数や登録数を増やすことで、信頼性の向上が図れます。

  3. 関連するイベントやセミナーに参加する
    自分の専門分野に関するイベントやセミナーに参加、または主催を行い、ネットワークやパイプを広げることが効果的です。これにより、業界内での知名度が上がり、ナレッジパネル認証の可能性も高めることができます。

  4. 定期的な情報更新
    ナレッジパネルの表示を維持するためには、定期的な情報更新が求められます。記事や画像の追加、プロフィールの見直し、最新のニュースや実績・活動内容を頻繁に更新・掲載することで、鮮度の高い情報をGoogleやユーザーに向けて提供し続けましょう。

これらのポイントを踏まえて、個人でナレッジパネル認証されることができれば、E-E-A-Tを高めることができます。認証を取得することにより、検索結果でも目立つようになり、多くのユーザーに信頼度の高い情報を届けることが可能となります。ナレッジパネル認証の成功には努力と根気が必要ですが、その成果は大きなメリットとなるでしょう。

ナレッジパネルの表示形式

ナレッジパネルはGoogle検索結果の上部に表示されるため、ユーザーにとって非常に目立つ位置に掲載されることになります。

掲載されている情報は、会社名、住所、電話番号、営業時間、サイトリンク、その他詳細が一般的には含まれていり、人物のナレッジパネルにおいては、生年月日、経歴、出版物(作品)、受賞歴、SNS(YouTube、TikTok、Twitter等)やWikipediaへのリンクが掲載されることになります。

ナレッジパネルのスマホ表示

ナレッジパネルは、スマートフォンで検索した際も出現します。
スマートフォンでナレッジパネルが表示される場合は、画面の上部に表示されます。

モバイル画面のサイズの都合から少しだけ簡素化されている場合がありますが、情報が検索の最上部に表示がされる事が多いため、パソコンユーザーだけではなく、モバイルユーザーもナレッジパネルが見つけやすくなっています。

ナレッジパネルの作り方は?登録申請や修正方法

ナレッジパネルを作成するには、まずはGoogleマイビジネスに登録する必要があります。

このGoogleマイビジネスは無料のサービスですが、登録するにあたって、会社名、住所、電話番号、および営業時間などをGoogleに提供する必要があります。

また、その際はビジネスに関する写真なども追加することができます。

ナレッジパネルの間違いとその修正方法

登録されているナレッジパネルが、必ずしも正しいとは限らず、中には間違いがある情報も存在します。

たとえば、営業時間が誤っている、住所が間違っている、またはサイトのURLが変更された場合などが挙げられます。

ナレッジパネルの誤りを修正するには、Googleマイビジネスにログインして、登録されている情報を急いで更新することが求められます。

また、一般の検索ユーザーからもGoogleに間違いを送信する機能も備えています。

ナレッジパネルを削除する方法は?

ナレッジパネルを削除するにも、上記と同様にGoogleマイビジネスにログインして、表示されている情報を削除する必要があります。

情報を編集してもナレッジパネルが削除されない場合は、Googleに問い合わせる必要があります。

ちなみに個人のナレッジパネルの場合には、編集は可能なものの”削除する”といった直接的な申請は、ナレッジパネルの所有者であっても行えません。

ナレッジパネルに表示されない場合の対策

法人の場合は、Googleマイビジネスに登録する必要がありますが、登録してもナレッジパネルに表示されない場合は、ビジネス情報が不十分であったり、適切ではない可能性があります。

ビジネス情報を最新のものに更新して、Googleマイビジネスに再度申請することで、ナレッジパネルに表示される可能性が高まります。

また、個人の場合はナレッジパネルに登録申請する手段が現時点ではありません。

一定の知名度や活動を行っている人物のみ、Googleの判断によって自動的にナレッジパネルが表示されるようになります。

人物において比較的登録の行われやすい職業としては、政治家や芸能人、作家が挙げられます。
また、書籍を執筆することで、[著者]というカテゴリで登録されやすくなるので、どうしてもナレッジパネルに載りたいといった方は、出版を行うことがてっとり早くおすすめです。

ナレッジパネルの制作代行サービスとは?

Googleに関する知識が乏しくても、ナレッジパネルの登録や編集を代行してくれるナレッジパネルの制作代行業サービスがあります。

パソコンを使った操作や申請作業が苦手なオーナーであったり、本業で忙しいオーナーが手間を省くために利用します。

ナレッジパネル制作代行業者や専門家に依頼する場合は、法人に関するビジネス情報を提供するだけで、簡単に登録することが可能です。

また、代行者がビジネスオーナーのアカウントに編集権限を共有することで、オーナー自身も情報の追加や編集に参加することができます。

まとめ

Googleナレッジパネルに情報を掲載するためには、Googleマイビジネスへの登録や企業情報の入力、所有権の確認などが必要なことがわかりました。

法人情報や個人情報は、正しい内容であることがユーザーにとって非常に重要であるため、このように所有者を紐づけることで、情報の正確性を担保しています。

ナレッジパネルに掲載されている情報は、信頼性が高いといえるので、企業や団体、著名人にとっても、E-E-A-Tの確保はもちろん、ビジネスや活動において成功を収めるために欠かせない機能になっています。

YouTube動画 – 柏崎剛SEO対策チャンネル

よくある質問

ナレッジパネルの認証って何?

Googleがナレッジパネルに掲載する情報が正確かつ信頼できるものであることを確認するプロセスです。Googleは、認証を受けた情報を優先的に掲載し、ユーザーが正確で信頼できる情報を入手できるようにしています。認証プロセスには、企業や組織の所有者または代表者がGoogleアカウントを使用してログインし、所有権を確認する必要があります。所有権の確認が完了すると、Googleはその企業や組織の情報をナレッジパネルに掲載することができます。

ナレッジパネルのメリットは?

Googleナレッジパネルに掲載されることには、多くのメリットがあります。

  • オンラインでの存在感が高まる
  • 検索エンジンでの露出が増える
  • ユーザーが直接行動できる
  • ウェブサイトへの誘導が容易になる
  • ナレッジパネルのカスタマイズが可能

ナレッジパネルの出し方の手順は?

Googleナレッジパネルに企業や組織の情報を掲載するには、以下の手順を実行する必要があります。

  1. Google My Businessに登録する
  2. 企業や組織の情報を入力する
  3. 所有権の確認をする
  4. ナレッジパネルに情報が表示されるまで待つ
  5. 情報を更新する

注意点として、ナレッジパネルに掲載される情報は正確で信頼性が高くなければならないため、情報の入力や更新には注意を払う必要があります。

この情報は役に立ちましたか?

送信ありがとうございました。ご意見をもとにサイト改善に努めてまいります。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!