独自視点から見るE-A-Tの考え方

Last Updated on

E-A-Tとは何か?

また新しい用語が出てきましたが、目的のサイトを検索エンジン上で上位表示化させたいのであれば、知っておく必要性があります。

早速ですが、GoogleはこのE-A-Tを次のように説明しています。

品質評価者は、Google が E-A-T と呼ぶ基準に基づいてコンテンツが優れているかを判断するために特別な訓練を受けています。この基準は「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」を意味します。品質評価ガイドラインを確認することで、E-A-T の観点からコンテンツを評価して、検討すべき改善点を見つけられるかもしれません。 ウェブマスター向け公式ブログ/品質評価ガイドラインと E-A-T について

この類の情報収集は、まずGoogleのガイドラインや公式ブログを見ることです。
自分で「サイテーションを控えめにする」と言っておきながら、こう言ってしまうのも何ですが、SEO対策を行う上で、まずはGoogleが発信している情報を最初にチェックしてみましょう。

いつもながら頼りにならないGoogleの公開情報

「そりゃそうだな」というごく普通の事が、大層なことのように書かれているのですが、Google自ら発信しているSEO関連の情報は、直接的な解決策が書かれていることは少なく、大概は抽象的にその概念が書かれていることが多いです。

回りくどく暗号のようなものが隠されているパターンがよくあるので、ただ読むのではなく、「という事は、こうするべきだな」と自分なりの解釈で解決方法を作り出さなくてはなりません。

まず、気になったところは以下でしょうか。

品質評価者がどのようにコンテンツの品質を評価しているかを理解すれば、コンテンツの改善に役立てることができるかもしれません。そして、コンテンツを改善することで、Google 検索での掲載順位も改善される可能性があります。 ウェブマスター向け公式ブログ/品質評価ガイドラインと E-A-T について

ここでも出現しているように「かもしれません」や「可能性があります」といった、自信なさげな表現でごまかされた見解がGoogleは本当に多いです。
これはGoogle自身もうまく解析できていなかったり、試験中のものが多く、このままの情報を鵜呑みにして、短絡的に実行してしまうと痛い目を見ます。

Googleの目的を理解する

さて、品質評価者とは誰でしょうか。
一見、検索を利用するユーザかなとも思うのですが、ユーザがどう評価しようが感じようが、Google自らが生身の人間にインタビューをしているわけではありません

要するに、EATはGoogleが勝手に思い込んでいる仮説データということがわかるので、Googleは「俺らが専門性・権威性・信頼性をどう評価してるか理解すれば、順位(コンテンツ)改善に役立つんじゃねーの?」と言っているのです。

しかしながら、それがわからないからガイドラインやブログを見ているわけで、知っていたら対策方法を調べません。

冷静に考えてみましょう。
Googleは、何を基準にE-A-Tの高い低いを選別しているのでしょうか。

あなたが評価する立場だったらどう考えるか?

自分がGoogleになったと思って考えれば、簡単に答えが出ます。

皆さんがクローラーとなり、インターネットの世界へ旅に出て、とあるサイトにたどり着いたとします。
このサイトのE-A-Tを評価しなければなりません。
なにを判断材料として、「信頼できるサイトだ」と言えるでしょうか。

  • 俺は権威のある有名人なんだぞ!とプロフィールに記載されているサイトでしょうか?
  • 文章が読みやすく、日本語が綺麗なコンテンツで構築されたサイトでしょうか?
  • デザインがかっこよく(美しく)、プロが作ったようなオシャレなサイトでしょうか?
  • 大量の記事があるボリューム満点の読み応えがあるサイトでしょうか?
  • さながら専門家が書いたような小難しい事が書いてあるサイトでしょうか?

一瞬、「そうだよ!」なんて言ってしまいそうですが、そのコンテンツが本当に信頼できる情報かどうかは別の話です。

私であれば、外部(他者)に評価を聞いてから判断します。

もちろん、実社会では【人柄】であったり、【見た目】、【雰囲気】で判断するような【直感】も必要になってきますが、今回は匿名性の高いデータであることを忘れてはなりません。

該当サイトに書かれている情報は、あくまでもそのサイト自身が発信している自己評価であって、「信頼してくれよ~」「俺は超有名なんだぜ~」「これは専門的な事なんだぞ~」と、面識のない人にいくら言われてもあまり信じられません。

しかし、テレビやラジオ、本で紹介されていたり、信頼の置ける人物からの紹介であれば、ある程度は信用できるのです。

人物を検索して、ナレッジパネルやSERPsを確認してみよう

ここでポイントになるのが、人物であればナレッジパネルやSERPsです。
今回は人物を例として取り上げますが、法人といったパターンもあります。
その場合は法人および代表的な人物が評価対象となると考えてよいでしょう。

どのサイトにもAuthor(運営者/運営会社)がいると思うのですが、例えば「きゃりーぱみゅぱみゅ」とGoogleでキーワード入力すると、検索結果に彼女の写真やWikipedia、楽曲配信サイト、ニュース、Twitterのアカウントまで出てきます。

これがE-A-Tに関連する信用度の主な指標で、人によっては書籍や動画、店舗や施設であれば地図やニュースなども自動的に出てきます。
また、E-A-Tは、各々がもつ業種や専門分野、得意なジャンル毎に分類されています。
要約すると、【人物(組織)と属性(分野)】が個別に強く結びついていて、該当者が発信する情報に、そのジャンルで、その人物のE-A-Tがあるかないかといった判断をGoogleは行っています。
オールジャンルをカバーするのは難しく、どこを尖らせるかがポイントになります。

この詳細は、「YMYLはとても単純」の記事でも触れています。

特定ジャンルに強い人物像を作り上げる

話を戻しますと、きゃりーぱみゅぱみゅさんが、「アーティスト/歌手」ジャンルの専門サイトを開設した場合、アクセスを稼げるコンテンツを作っていければ、そのサイトは該当ジャンルに属するキーワードで比較的容易に上位表示化が実現できるしょう。私が彼女であれば、「つけまサロン」でもオープンしようと思います。

この外部対策の仕組みをどれほど構築できるかが、E-A-T向上の根幹となります。外部リンク対策も自然な形であれば有効ですが、このE-A-T外部対策は外部リンクがなくても成立します。

Googleは、顔認証や様々な手法で個人と専門分野を特定することに努めてますが、今のところ重要視される部分は、自サイト内の【Authorデータ+ジャンル】と外部サイトの【Authorデータ+ジャンル】のコンペア、次点で外部リンクになると考えられます。

まとめ

これからは情報発信の時代と言われますが、YouTuberやインフルエンサーの出現、またこういった仕組みで検索エンジンも進化していることから、自身の専門的な経験や知識を万人に発信できるように、外界(ネット世界)に飛び出す勇気を持った人がスポットライトを浴びることになるでしょう。

私がこのサイトを立ち上げようと思った動機の1つでもあります。

当サイトの運営者。
主にSEO、SXO、Googleの考え方について、現場での経験をもとに、どのように対策を行えば良いかを具体的に解説できるよう努めています。詳しくはプロフィールをご覧ください。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

, , , , , , ,