WWW | 柏崎剛SEO対策ドットコム

WWW

更新日:

WWW(World Wide Web)とは

WWWは「World Wide Web」の略で、インターネット上のハイパーテキストシステムを指します。
一般的に「ウェブ」や「W3(ダブリュースリー)」とも呼ばれ、ウェブページ間をリンクさせるシステムで、文書や画像などを含むウェブページが相互にリンクされ、ユーザーはインターネットを介して様々な情報を閲覧することができます。

WWWの機能と歴史

WWWは、ティム・バーナーズ=リーによって考案・開発されました。
このシステムにより、インターネット上の情報が統合され、簡単にアクセスできるようになりました。
現在、WWWは私たちの日常生活において欠かせない存在です。
また、一般に「インターネット」や「サイト」という言葉がWWWと同じ意味で使われることも多くなっています。

「www」の意味とURLの役割

URL(Uniform Resource Locator)の最初によく見られる「www」という文字列は、もともと「World Wide Web」を表すために使用されていました。
しかし、現在ではこの「www」は、ウェブサイトがインターネット上のウェブページであることを示す、一種の伝統的な慣習や標識のような役割を果たしています。

「www」がウェブサイトのURLに含まれている場合、それはウェブサイトがウェブ上に公開されていることを意味し、通常、インターネットを介してアクセスできることを示します。
ただし、「www」がウェブサイトのURLに含まれているかどうかは、そのサイトがどのサーバー上にあるかを示すものではありません。
ウェブサイトが物理的にどのサーバー上にホストされているかは、ドメイン名の他の部分とサーバーのIPアドレスによって決定されます。

現代のウェブサイトでは、多くの場合「www」を省略してもアクセスすることが可能です。
これは、ウェブ技術の進化により、URLの「www」の有無にかかわらず、サイトにアクセスできるようになったためです。
したがって、「www」は単にウェブページであることを示す伝統的な標識であり、URLの機能的な必要性はなくなっています。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!