noindexタグ | 柏崎剛SEO対策ドットコム

noindexタグ

更新日:

noindexタグとは?

noindexタグは、ウェブページが検索エンジンによってインデックスされるのを防ぐためのHTMLメタタグです。
これをページに設置することで、Googleなどの検索エンジンはそのページを検索結果に表示しなくなります。

noindexタグの活用

  • プライバシーの保護
    noindexタグは、ユーザーに公開する必要のないページ(確認画面やサンキューページなど)に使用され、これらのページが検索結果に現れないようにします。
  • 検索結果の品質向上
    低品質なページや類似コンテンツにnoindexタグを設定することで、サイト全体の検索順位に悪影響を及ぼすことを防ぎます。

noindexタグの設定方法

  • メタタグの追加
    ページのHTMLヘッドセクションに<meta name="robots" content="noindex">タグを追加することで、検索エンジンにそのページをインデックスしないよう指示します。
  • CMS設定
    WordPressを代表とした多くのコンテンツ管理システム(CMS)では、投稿記事や固定ページの編集画面に「検索エンジンにこのページを表示させるか」のオプションがあり、これを「いいえ」と設定することでnoindexタグが自動的に追加されます。

noindexタグの適切な使用

  • 適用ページの選定
    noindexタグは、サイトの全ページに適用すべきではありません。
    重要なコンテンツやユーザーに価値を提供するページはインデックスされることが望ましいです。
  • SEO戦略の一環として
    noindexタグの使用は、サイト全体のSEO戦略の一部として検討すべきです。
    検索エンジンに対するサイトの可視性を適切に管理するためには、どのページをインデックスさせ、どのページを除外するかを慎重に決定する必要があります。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!