LCP | SEO対策ドットコム

LCP

更新日:

LCP

LCP(Largest Contentful Paint)は、Webページのパフォーマンスを測定するための指標の一つで、ユーザーがページにアクセスした際に最大のコンテンツが画面に表示されるまでの時間を指します。
Googleが提唱するコアウェブバイタル(Core Web Vitals)の一部として、サイトのユーザー体験を評価する際に重要視されています。

LCPの重要性

  • ユーザー体験の向上
    ページのロード時間が短いほど、ユーザーはサイトに好印象を持ちやすくなります。
  • SEOの強化
    Googleは、2021年からコアウェブバイタルを検索ランキングの要因の一つとして加えています。
    LCPの改善は、検索エンジン最適化にも寄与します。

LCPを改善する方法

  • 画像の最適化
    大きな画像ファイルはLCPに影響を及ぼすため、画像の圧縮や適切なフォーマットへの変換が推奨されます。
  • クリティカルレンダリングパスの最適化
    CSSやJavaScriptの読み込み順序を調整し、ブラウザがページの重要な部分を優先的に表示できるようにします。
  • ウェブフォントの最適化
    フォントの読み込みに時間がかかるとLCPに悪影響を及ぼすため、必要最小限のフォントのみを読み込むようにします。

LCPの目標値

  • 良好(Good)
    2.5秒以内に最大のコンテンツが表示される。
  • 改善が必要(Needs Improvement)
    2.5秒から4秒の間に表示される。
  • 不十分(Poor)
    4秒以上かかる。

LCPの測定方法

  • Google PageSpeed Insights
    WebページのURLを入力することで、LCPを含むコアウェブバイタルのスコアを確認できます。
  • Chrome DevTools
    ブラウザの開発者ツールを使用して、実際のページロード時のLCPを測定することができます。

LCPの改善は、Webサイトのユーザー体験を向上させるために不可欠です。
サイトのロード時間を短縮し、訪問者が求める情報に迅速にアクセスできるようにすることで、訪問者の満足度を高め、検索エンジンでの評価も改善することが期待されます。

この情報は役に立ちましたか?(フィードバック)

送信ありがとうございました。ご意見をもとにサイト改善に努めてまいります。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!