Canonicalタグ | 柏崎剛SEO対策ドットコム

Canonicalタグ

更新日:

Canonicalタグとは

Canonicalタグ(カノニカルタグ)は、ウェブサイトにおいて重複または類似したコンテンツが存在する場合に、検索エンジンへ評価すべき本来のページ(正規ページ)を指定するために使用されるHTMLタグです。
このタグにより、重複コンテンツによるSEO(検索エンジン最適化)の問題を防ぐことができます。

Canonicalタグの採用

Canonicalタグは、Google検索エンジンだけでなく、Bingなど他の主要な検索エンジンにも採用されており、さまざまな検索エンジンに対して正規のコンテンツを効果的に示すことが可能になります。

CanonicalタグのSEO効果

正しく設定されたCanonicalタグを活用することで、SEO評価を本来のページに集約させることができます。
これは、検索結果におけるページの順位向上にも寄与する重要な手法です。
重複コンテンツによるペナルティを避け、検索エンジンの評価を向上させる効果が期待できます。

Canonicalタグの使用ケース

Canonicalタグは以下のようなケースで使用されます。

  1. 完全に同じ、または非常に似た内容を持つページが存在する場合。
  2. ウェブ上に同じコンテンツを持つページが複数存在する場合。

重複または似たコンテンツを持つページ間での競合を避け、検索エンジンが適切なページを評価するための助けとなります。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

SEOお見積り相談

SEO資料請求お見積り相談

お気軽にSEOチェック

お気軽にSEOチェック

初心者向けアドバイス

初心者~中級者向けSEOアドバイス

ダウンロード

PDF資料ダウンロード

関連タグ

AIでSEO対策