絶対パス | 柏崎剛SEO対策ドットコム

絶対パス

更新日:

絶対パス(Absolute Path)とは

絶対パスは、ファイルやウェブページの場所を指定する際に、完全なアドレス形式で記述する方法です。
これは「フルパス」とも呼ばれ、どこからでも正確にファイルやページを特定することができるパスの形式です。

絶対パスの記述方法

絶対パスの記述は以下のように行われます。

  1. プロトコルの指定
    「https://」または「http://」から始まります。
  2. ドメインの記載
    ウェブ上のドメイン名を記述します。
  3. フォルダ名とファイル名の指定
    ドメインに続いて、フォルダ名やファイル名を「/」で区切って記述します。

絶対パスの特徴

絶対パスの特徴は、全てのユーザーがどの場所からでも同じリソースにアクセスできることです。
住所に例えるなら、国名から始まる完全な住所のように、どこにいても特定の場所を正確に示すことができます。

絶対パスと相対パスの違い

絶対パスと相対パスの違いは以下の通りです。

  • 絶対パス
    ディレクトリの階層構造の頂点から目的のファイルまでの道筋を、省略せずに表記する方法。
  • 相対パス
    現在作業しているファイルの場所から見た、目的のファイルへの行き方を表記する方法。

絶対パスは、特定のファイルやウェブページに直接、確実にアクセスするために使われます。
ウェブサイトやプログラム内で、特定のリソースを参照する際にこの方法が採用されることが多いです。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!