YMYLは意外と単純な仕組み

YMYLとはYour Money or Your Lifeの略

この記事に興味を持たれた方は、既に基本的な事はご存知だと思いますが、Google検索品質評価ガイドラインにおいて、主に「人々の健康、経済の安定、安全に影響するサイト」を指してYMYLと呼んでいます。

更にガイドラインを詳しくみて見ると、様々なサイトが当てはまりますが、特に注意するべきジャンルは、現在のところ金融と医療、ショッピングサイトになるようです。

もちろん上記ジャンルだけではなく、人種や宗教、政治的な問題や情報を取り扱うサイトも厳しく評価される事になりますが、詳細についてはYMYLを提唱しているGoogle自身の公式ガイドラインをご覧いただければと思います。

2.3 Your Money or Your Life (YMYL) Pages General Guidelines

どういった概念なの?

YMYLとは、本サイトの別記事「独自視点から見るE-A-Tの考え方」で話題に触れたE-A-Tという概念の一部分であると考えられます。

また、YMYLを意識するという事はサイトのAuthor、つまり情報発信者は特定ジャンルにおける「専門家」である事をしっかりとGoogleに認識させる活動となります。

ユーザの資産に影響を及ぼすような「金融機関・金融商品取り扱いサイト」、また直接金銭の支払いが発生するような「ショッピングサイト」は、特に真剣に考えなければいけません。
昨今、誰でもインターネット上で発信ができるようになり便利になった反面、デマ情報やネット詐欺が横行するようになりました。
Googleといった検索エンジンとしては、安全な情報元を紹介することができなければ、ユーザーのお金を守ることができません。

同じように、素人が発信する医療情報や、病院紹介といったコンテンツは、ユーザー・その家族の命や健康を危険に晒してしまうことになります。
しっかりと医師や医療機関が発信するコンテンツのみを評価するようになってきているのです。

つまり、その道の権威であり、信頼のおける專門サイトであるかどうかをGoogleは厳しくチェックしています。

頑張りどころを間違えないように

具体的にどのような活動が求められるでしょうか?
皆さんの中は「綺麗な日本語を使って記事を書こう」とか「見やすいデザインで、レイアウトをわかりやすくしよう」といったページの作り方がYMYLに影響を及ぼすと考えられている方もいるかもしれませんが、そういった内部要因は直接的に関係がありません。
Googleは単語は認識できていますが、それが正しい記事や画像であるかは判断できていない為、少なくとも、コンテンツだけでYMYLをクリアすることは不可能なのです。

E-A-Tを理解すれば道は開ける

前述で、E-A-Tの一部分である説明しましたが、具体的に例として、医療機関サイトの場合、責任者となる医師のE-A-Tを確保しなければなりません。

様々な要素でE-A-Tは上昇する

医師であれば、論文や書籍、所属している権威ある学会、資格、講演・セミナー履歴といった、信頼のおける情報がどれほどGoogleの認識下におけるかがE-A-Tを上昇させるポイントです。

Googleにおける指名検索(名前や医療機関名での検索)数やSNS等を通じて医師としてのリアルタイムな情報発信も指標になるでしょう。
もちろん、その医師や医療機関に関して言及している話題や、第三者の発言も考慮される事でしょう。

また、テクニカルな話になりますが、運用ドメインの種類(.or.jp)といった、若干サイトの内的な要素も関与してきます。

更に論文や書籍を執筆されている医師であれば、Amazonや楽天ブックスといった有名所に登録することもお勧めです。ナレッジパネルやユニバーサル検索で列挙されるような大手のECサイトに掲載することで、その効果を最大限に発揮できます。

同様に学会所属者や資格保有者は該当する所属学会や資格発行機関と言った権威のあるサイトに掲載される事が好ましいでしょう。

本人を特定できるように自身の情報(NAP情報)を出来るだけ多く掲載させる

医師の氏名がしっかりとわかるような形で外部サイトからサイテーションが行われることでE-A-Tを得ることが可能です。
直接的な被リンクがなかったとしても、氏名と医療機関名、人物写真、所在地、電話番号、経歴等がセットで掲載されていれば、Googleは本人を特定することができます。
これらはNAP情報とも呼ばれ、名前(会社名や店名)・住所・電話番号のことを指します。

NAP情報だけに限らず、Googleが特定の人物や特定の組織であると認識が可能になる情報であれば、それらのサイテーションが行われる事により、E-A-Tを確保することができることでしょう。

日本美容外科学会所属医師一覧

YMYLジャンルに強く結びつくサイトだけではなく、知名度の高いサイトによるインタビュー記事や紹介コンテンツに取り上げられることも少なからず有効です。

自サイトでいくら主張しても意味が薄い

YMYLジャンルのサイトを運営する上で自サイト以外(権威のある他ドメイン)からのリアルタイムな情報発信が非常に重要となります。
FacebookやTwitter、Instagram、それ以外にも様々な手段がありますので、どんどん活用していくことをお勧めします。

さて、ここで忘れてはいけないのが、Googleは人間ではなくシステムという点です。

医師本人が実際にSNSの運用を行っていたとしても、そのアカウントがGoogleから医師本人であると認められていなければ効果は半減です。

SNSに限らず、どのような情報発信においてもプロフィール欄などに、前述のNAP情報をしっかり掲載してGoogleに様々なサイトで活動している人物は同一であることを機械的に学習させるようにして下さい。
本人に限らず、E-A-Tの高い人物の発言も効果を高める事が可能ですが、第三者の発言内容にNAP情報を意図的に掲載させる事は難しいので、自身が携わるアカウントや情報元では、最低限のプロフィールは記載するように心がけましょう。

最後にドメインの種類の話です。
前述は主に外的な要因ばかりでしたが、今回は自サイトにおける内的要因の1つになります。
医療法人など特定の業種でしか取得できない.or.jpで運用されていれば、医師を偽っている確率が低いとGoogleに見なされる為、単純にYMYLジャンルのサイトにおいてE-T-Aを高めることが可能です。

.or.jpドメイン名の取得対象として定められているのは、以下の組織です。

以下の法人組織 社団法人、財団法人、医療法人、社会福祉法人、宗教法人、弁護士法人、税理士法人、特定非営利活動法人など

【属性型JP】.or.jpドメイン名登録申請について より

個人的にお勧めなWikipedia

意外と思われる方もいるかもしれませんが、侮れないのがWikipediaへ人物・組織を登録することです。
著名な方や知名度のある組織でないと掲載を拒否されるのが難点ですが、例えば医師であれば職種といったカテゴリもあり、Wikipediaはサイト自身の知名度も高い事から積極的に掲載を狙っていくことをお勧めします。

高須克弥さんのナレッジパネル

Googleのナレッジパネルに掲載されると、E-T-Aは更に向上させることが可能であると考えられます。

まとめ

YMYLジャンルのSEO対策はテクニックを覚えるのではなく、自分が他人を評価する際にはどのような点に留意するかを考えれると答えを導きやすいかと思います。

個人や組織の評価を掲載してくれている外部サイトにおいても、E-A-T(専門性/信頼性/権威性)が高いことが望まれます。
E-A-T(専門性/信頼性/権威性)の低いサイトから、いくら熱心に紹介したとしてもGoogleには信用されづらいアルゴリズムなのです。
E-A-Tが高く、ジャンルの一致する外部サイトにおいて、詳細な人物情報のサイテーションと、鮮度の高い専門的な情報発信が行われているかといった仕組みがYMYLジャンルを攻略する近道なのです。

当サイトの運営者。
主にSEO、SXO、Googleの考え方について、現場での経験をもとに、どのように対策を行えば良いかを具体的に解説できるよう努めています。詳しくはプロフィールをご覧ください。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

, , , , , , ,