YMYLはとても単純

Last Updated on

「Your Money or Your Life」

この記事を見られている方は既に基本的な事はご存知だと思いますが、Google検索品質評価ガイドライン内では、主に「人々の健康、経済の安定、安全に影響するサイト」を指してこう呼んでいます。

ガイドラインを細かく見ると、様々なサイトジャンルが当てはまりますが、特に注意するべきサイトジャンルは、金融情報と医療、ショッピングサイトになります。

人種や宗教、政治的な情報を取り扱うサイトも厳しく評価される事になりますが、詳しくはこちらを参照ください。

2.3 Your Money or Your Life (YMYL) Pages General Guidelines

基本的な考え方

考え方だけしっかり持ってしまえば良いのですが、YMYLは以前解説した「独自視点から見るE-A-Tの考え方」とほぼ同じで、こちらはサイトAuthorとしての「専門家」をしっかりとGoogleに認識させることが重要である考えられます。

銀行や買い物サイトであれば、昨今、あの手この手と手段を選ばず横行しているネット詐欺から、検索ユーザーの財産や直接的なお金を守らなければなりません。また、病院などの医療機関からは検索ユーザー・その家族の命や健康を守らなければならないので、それに見合う信頼のおけるサイトであるかどうかをGoogleはチェックしています。

頑張りどころを間違えないように

みなさんのほとんどは「読みやすいように綺麗な日本語を使った記事を書こう」とか「見やすいデザインで、デコレーションの工夫をしよう」といったコンテンツ要素を意識しているかもしれませんが、これらは直接的に関係ありません。
Googleは単語は認識できていますが、内容はよくわかっていません。少なくとも、記事だけで信頼できるかどうかは判断できていないのです。

E-A-Tを理解すれば道は開ける

前述で、E-A-Tを意識していれば良いと言いましたが、具体的に例を挙げるとすれば、医療機関サイトの場合、責任者となる医師のE-A-Tを確保しなければなりません。

様々な要素でE-A-Tを上げる

論文や書籍、所属している権威ある学会、資格、講演・セミナー履歴などに該当します。また、指名検索数(名前や医療機関名での検索)や医師としてのリアルタイムな情報発信が行えるSNSの活用、運用ドメインの種類(.or.jp)などといった、様々な要素が関与しているといえるでしょう。

論文や書籍を出している医師であれば、Amazonや楽天ブックスに登録することをお勧めします。ナレッジパネルに表示されるような大手のECサイトに掲載することで、その効果を最大限に発揮できます。

また、学会所属者や資格保有者は該当する所属学会サイトや資格発行機関のサイトに掲載される事が重要です。

本人を特定できるように自身の情報を出来るだけ多く掲載させる

医師の氏名がわかるような形で掲載してもらい、自サイトにハイパーリンクを設けてもらうことがシンプルに効果的ではありますが、ここだけの話、リンクがなかったとしても、医師を特定できる氏名と医療機関名、人物写真、所在地、経歴等がセットで掲載されていれば、Googleはある程度コンペアしてくるのでYMYLに関連する信頼度をアップさせる事が可能です。

日本美容外科学会所属医師一覧

さらにインタビュー記事といった医師紹介サイトに取り上げられる事も有効です。

自サイトで主張しても意味が薄い

ポイントは自サイト以外(権威のある他ドメイン)でのリアルタイムな情報発信なので、FBやTW、IGをどんどん活用していきます。
ここで忘れてはいけないのが、Googleは人間ではなくシステムという点です。
いくら医師本人がアカウントを運用していたとしても、そのアカウントがGoogleから医師本人であると認められる事ができなければ無駄に終わってしまいます。
SNSのプロフィール欄などに、氏名や勤務医療機関、人物写真、住所、サイトURL、経歴をしっかり掲載してGoogleに自サイトと同じ所有者である事をコンペアさせます。

最後にドメインになります。
これは打って変わって、自サイト側の対策となりますが、医療法人などでしか取得できない.or.jpで運用されていれば、医師を偽っている確率が低いとGoogleに見なされるでしょう。

.or.jpドメイン名の取得対象として定められているのは、以下の組織です。

以下の法人組織 社団法人、財団法人、医療法人、社会福祉法人、宗教法人、弁護士法人、税理士法人、特定非営利活動法人など

【属性型JP】.or.jpドメイン名登録申請について

個人的にお勧めなWikipedia

侮れないのがWikipediaの人物紹介です。
著名な方でないと掲載が出来ないのが難点ですが、医師としての職種カテゴリもあり、Wikipediaといった知名度の高いサイトいう事からも積極的に掲載を狙っていくことをお勧めします。

高須克弥さんのナレッジパネル

まとめ

YMYL対策はテクニックを覚えるのではなく、自分が人を専門家として評価する際にはどのような点に留意するかを考えれば答えが出てきます。

サイト運営者の評価を掲載してくれている外部サイト自体にも、E-A-T(専門性/信頼性/権威性)が高いことが望まれます。E-A-T(専門性/信頼性/権威性)の低いサイトから、いくら紹介してもらったとしてもGoogleには信用されづらいのです。
E-A-Tの高い適切なジャンルの外部サイトで、詳細な人物情報と、鮮度の高いリアルタイム性のある専門的な情報が掲載されていることがYMYL攻略の近道です。

当サイトの運営者。
主にSEO、SXO、Googleの考え方について、現場での経験をもとに、どのように対策を行えば良いかを具体的に解説できるよう努めています。詳しくはプロフィールをご覧ください。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

, , , , , , ,