バーティカル検索とは?

バーティカル検索とは?

更新日:

要約

  • 動画や画像、ニュース、地図などの情報を絞り込んで検索することができる機能
  • バーティカル検索のカテゴリ毎にサジェストキーワードにも変化が起こる
  • コンテンツを新規に作成したり、追加する際に役立てる方法を解説

バーティカル検索とは?

バーティカル検索とは、GoogleやYahoo!、Bingといった検索エンジンが、「動画」「画像」「地図」などのカテゴリー別に検索結果を表示する仕組みのことで、入力した検索クエリで求められている対象が、「動画」や「地図」である場合、余計な情報を省くことが出来る非常に便利な絞り込み機能です。

バーティカル検索のカテゴリーは、すべてを網羅しているわけではないので、ユーザーが探している情報が必ずしもこのカテゴリー一覧に該当するとは限りません。

本来は、検索範囲が限定することで精度を高め、利便性を向上させることにより、ユーザーに本当に欲しい情報を手に入れてもらうことを目的として設置されています。

検索結果に余計なものが表示されないため、ユーザーが探しているものが見つかる可能性が高くなるのです。

しかしながら、対象範囲が限定されていることのメリットは、ユーザーに求められている関連性の高い結果を提供することだけではありません。

コンテンツ作成に有用なバーティカル検索の活用方法

このバーティカル検索は、SEOに効果的なコンテンツ作成にも役立ちます。

まずは、Googleで検索する際に出現するバーティカル検索の具体例を見てみましょう。
「名刺の渡し方」で検索した際に、その検索窓の下に表示されるメニューの部分です。

このカテゴリメニューをクリックすることにより、「動画」「画像」「ショッピング」「ニュース」「地図」「書籍」「フライト」「ファイナンス」などの情報を絞り込んで検索することができます。

(「名刺の渡し方」Google バーティカル検索 サンプル)

赤枠の部分が、「名刺の渡し方」に関するバーティカル検索です。
検索クエリに併せて、ユーザーが求めているニーズをもとに、カテゴリの優先順位が入れ替わります。

左側にあるほどユーザの目に止まり、クリック率が上がることから、「名刺の渡し方」を検索するユーザーは「動画でみたい」というニーズが高いことがわかりました。

同じく、Yahoo!やBingにおいてもバーティカル検索は存在しますが、Googleとは異なり、現在のところ検索クエリによってカテゴリ優先順位は入れ替わらない仕様のようです。

(「名刺の渡し方」Yahoo!バーティカル検索 サンプル)
(「名刺の渡し方」Bingバーティカル検索 サンプル)

Googleのバーティカル検索におけるカテゴリーの優先度を鑑みると、「名刺の渡し方」で検索しているユーザは、「動画」でわかりやすく視覚的に理解したいといったニーズが高いことがわかりました。

次に写真やイラストといった「画像」を見ながら学びたいといったニーズが続きます。

更に「ショッピング」が3番目に来ていますが、これは検索ユーザーは最終的に、「名刺の渡し方」を理解した上で、実際に「名刺」や「名刺入れ」を購入するといった傾向がわかります。

(「名刺の渡し方」ショッピングの検索結果)

このように、Googleのバーティカル検索に表示されているメニューの優先度を調べることで、検索ニーズを大まかに把握することが可能です。

これらの情報をもとに、どのような要素でコンテンツを組み立てればよいかわかるのです。

例えば、テキストのみで構成されたページは、ユーザーのニーズに沿っていない事になります。
動画や画像をコンテンツ内に設置することで、視覚的にわかりやすく紹介したり、最終的に購買に至るであろう商品を併せて紹介するなど、不足している要素を追加することでユーザーニーズを叶えるSEO対策が可能なのです。

このバーティカル検索を適切に使いこなせないといったユーザーが意外と多く、その結果としてバーティカル検索そのものを検索結果に組み込んでしまったユニバーサル検索というものも存在します。

サジェストキーワードにも変化が起こる

バーティカル検索のカテゴリ毎にサジェストキーワードにも変化が起こります。
すべて(ウェブサイト)を検索した際に出現するサジェストキーワードと、「動画」カテゴリで検索した際に出るサジェストキーワード、また「ショッピング」カテゴリで検索した際に出るサジェストキーワードを比較してみました。

サジェストキーワードについては、以下のURLにて詳しく解説しています。

(「名刺の渡し方」で通常検索した際のサジェストキーワード)
(「名刺の渡し方」で動画検索した際のサジェストキーワード)
(「ショッピング」で動画検索した際のサジェストキーワード)

これらのサジェストキーワードは、コンテンツを新規に作成したり、追加する際に役立ちます。
また、バーティカル検索と同様に、ニーズの高い順に並んでいるので、テーマを並べる順番も参考になります。

さて、早速ですが、ウェブサイトを検索する際に出現するサジェストキーワードを見てみましょう。
「名刺交換 どちらが先」が一番上に出てきました。
つまり、テキスト情報で表現する内容としては、優先的に解決策を用意する必要がありそうです。
次点で、「女性」「同時」とサジェストキーワードが続くことから、女性にフォーカスした名刺の渡し方や、同時に名刺を差し出してしまった際の解説などが求められていることがわかります。

続いて、バーティカル検索の「動画」カテゴリで検索した際に出るサジェストキーワードを見てみましょう。
「名刺の渡し方」といった、クエリそのままのサジェストキーワードが出現しています。シンプルに名刺の渡し方を動画で設置しましょう。
また、「複数」「縦」といったサジェストキーワードが並んでいるので、複数人で名刺交換を行う場のマナーや、縦型の名刺の渡し方などを視覚的に訴求できる動画コンテンツを置くことで、良質なコンテンツとしてGoogleに認められる可能性が高くなります。

おまけでバーティカル検索の「ショッピング」カテゴリで検索した際に出るサジェストキーワードを見てみましょう。
既にお分かりかと思いますが、名刺の渡し方をコンテンツでレクチャーした後に、準備が整ったユーザーに向けて、「名刺入れ」を紹介してあげると良いでしょう。

まとめ

バーティカル検索ごとのサジェストキーワードを調査することで、テキストだけではなく、動画、画像といったメディアの種類、購買傾向などもチェックすることが出来るので、コンテンツ作りの幅が広がることでしょう。

ページを作成する際は、主観で情報やパーツをはめ込むのではなく、Googleやユーザーが求めているコンテンツを用意することが非常に重要です。

ユーザーの求める検索結果は、世界一の検索エンジンとデータを保有するGoogleが一番理解しています。
彼らが検索結果から与えてくれるヒントを目ざとく見つけ、良質なコンテンツをユーザーに提供し続けることが、SEO成功の秘訣といえるでしょう。

当サイトの運営者。
主にSEO、SXOの考え方について、現場での経験から、どのようにGoogle検索エンジン対策を行えばよいかを具体的に解説できるよう努めています。再検索キーワード調査トピッククラスター構築ツール競合キーワード調査キーワード難易度調査ツール月間検索ボリューム調査ツールサジェストキーワード調査ツールの考案者であり開発者。詳しくはプロフィールをご覧ください。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

, , , , ,