リーズナブルサーファーモデルとリンクジュース

リーズナブルサーファーモデルとは

更新日:

リーズナブルサーファーモデルについて

SEO対策で注目されているトピッククラスターモデルの根幹とも言える考え方、リーズナブルサーファーモデルを解説していきます。

リーズナブルサーファーモデルとは、Googleが取得しているリンク構造に関する特許の1つ。
正しく設置されたリンクとは、「コンテンツや文脈の流れの中に、違和感なく自然と組み込まれている」という理論に基づき構成されるといったアルゴリズムを指します。
リンクの位置、方法、数、更にリンク先の構造までも解析することで、ページの重要度を1つ1つ決定するといった考え方です。

トピッククラスターモデルについては、別のページにて詳しく解説しています。

では、Googleは、なぜここまでしてリンクの関連性を重要視しているのかを以下で解説していきます。

リーズナブルサーファーモデルの理論

従来のリンクジュースはランダムにその価値を配分してランク付け(PageRank)が行われていた経緯があり、このGoogleのPageRankアルゴリズムを、発明者はもともと「ランダムサーファーモデル」と呼んでいました。
これはランダム、つまり明確な関連性のルールがなく、単純にリンクを辿った人が特定のページにたどり着く確率をランダムで算出して、次のページをランク付けしているものでした。

これが近年、ランダムサーファーモデルからリーズナブルサーファーモデルに考え方が置き換えられました。
リーズナブルサーファーモデルとは、Googleのランダムサーファーモデルをアップデートしたもので、リンク元のページに関連するテーマや情報、その特徴に基づき、リンクがクリックされる可能性をアルゴリズムを元に解析して引き渡すリンクジュースの量を決定する考え方です。

つまり、次のページに渡すリンクジュースの量は、クリックされる確率が高いリンクがより多く保有することになります。

このクリックされる確率が高いリンクの特徴は、さまざまな理屈をもとに導き出されています。
例えば色、サイズ、フォントのスタイル、リンクに使用されているアンカーテキスト、メインコンテンツエリア内の発リンクの周辺にある文章や文脈といった多くの要素が含まれます。

クリックされにくいリンクは、ページのフッターにあったり、他のテキストと同じ色・同じフォントのテキストであったり、興味を引くことのないコンテンツの中に、脈略もなくアンカーテキストを使用しているリンクです。
そのようなリンクは、リンクジュースがあまり伝わらない可能性があります。

リーズナブルサーファーモデルの考え方は、ウェブページの訪問者はランダムにリンクをクリックするといった考え方ではなく、ページ上に存在する適切なリンクをクリックする可能性が高いといった理論に基づいています。

これらの考え方は、特許の中で説明されているプロセスを確認することで理解することが可能です。

Reasonable Surfer Model

まとめ

もはや「ランダム」なリンクを適当に貼るだけでは、効率的な内部構造を実現できません。
リーズナブルサーファーモデルの特許にあるような「合理的」なサイト構成とリンク構造を意識して、リンクを構築しない限りは、リンクジュース(PageRank)は効率的に配分されることは出来なくなりました。

合理的なサイト構成とリンク構造を実現させるには、この特許に基づく考え方をベースに、内部リンクを設置していかなければなりません。

当サイトの運営者。
主にSEO、SXOの考え方について、現場での経験から、どのようにGoogle検索エンジン対策を行えばよいかを具体的に解説できるよう努めています。再検索キーワード調査トピッククラスター構築ツール競合キーワード調査キーワード難易度調査ツール月間検索ボリューム調査ツールサジェストキーワード調査ツールの考案者であり開発者。詳しくはプロフィールをご覧ください。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

, , , , , , , ,