404 Not Foundとは?エラーの意味と解決方法

404 Not Found

更新日:

要約

  • 404 Not Foundの解消法について解説している
  • サイト内検索やsiteコマンドを使えば、閲覧できなかったページを見つけられる可能性がある
  • ユーザーが存在しないページにアクセスした際は、カスタム404ページを用意しておくとよい

404 Not Found(404エラー)とは?

404 Not Foundとは、サーバーが返すHTTPステータスコードで、ブラウザがリクエストしたページがサーバ上に存在しないことを示すものです。

過去にブックマークしたページを久しぶりに開こうとした際、そのページがすでに削除されている場合は、サーバー側が指定されたURLに対応するページが存在しない旨を意味する「404 not found」を返します。

指定したURLを表示する際、ブラウザは裏側で、対象ページを格納しているサーバーに「ページを見せてください」といったリクエストを送信しています。
サーバーが、そのリクエストに応じた情報をブラウザに返送することでページが表示されます。

404エラーは、ユーザーがページ移動や手動でURLを入力することで発生するリクエストに対して、指定されたURLが現在は見つからないことをサーバーが応答した結果を意味します。

404 Not Found 見る方法

このように「404 Not Found」エラーが表示されてしまった場合、ページの閲覧や探すことを諦めてしまう方がいるのではないでしょうか?
しかしながら、サイトそのものが消滅したわけではない事があります。
また、完全な状態ではなくとも、状況によって閲覧が可能になるかもしれません。

サイト内を検索してみる

404 Not Foundのエラーが表示されても、Google検索で「site:ドメイン + キーワード」と入力すれば、対象ページやそれに近いページを検索することが可能です。
キーワードは、そのページのタイトルや見出しにある主要なキーワードを入れてみるとよいでしょう。

もし、Googleでお目当てのページが見つからなくても、サイトのトップにアクセスできる場合は、サイト内検索機能を備えていることが前提になりますが、サイト内検索で見たいページがあるかどうかを確認することも出来ます。

Internet Archive (Wayback Machine)を利用する

Internet Archiveは、米国の非営利団体によって運営されているウェブサイトの履歴閲覧サービスです。
世界中のありとあらゆるウェブサイトのアーカイブが、同データーベースに大量保存されています。

ウェブサイトのWEB魚拓集に近いシステムで、運が良ければ保管されたページ内にあるリンク先の履歴も閲覧することが出来るでしょう。

WEB魚拓との大きな違いは、プログラムによって自動収集されたアーカイブなので、膨大なサイト数が蓄積されています。

使い方は、トップページの検索窓にサイトのURLを入力して、「BROWSE HISTORY」をクリックするだけ。

カレンダーのような画面が表示されますが、更にその中にあるアーカイブが保存された日付をクリックすると、当日記録されたウェブサイトの全体、または一部を表示することが可能です。

過去にどのような情報を掲載していたか、または所有者は誰であったか等を調べるときに非常に便利なサービスと言えるでしょう。

Internet Archiveによるデータの収集や構築は、アメリカ著作権法のフェアユースに基づいているため、閲覧が違法行為になることはなく、安心して閲覧を行うことがでます。

404 Not Foundの原因

404 Not Foundは、具体的にどのような状況で発生するのか、主な原因を3つ紹介します。

削除されたページを表示しようとしている

既に前述にて解説しましたが、既に削除されたページにアクセスしようとしています。

しかし、実はページは存在しているが、リンクが間違っている場合には、404 Not Foundが発生する場合があります。

これは「リンク切れ」または「デッドリンク」と呼ばれるものです。

また、外部サイトからリンクが貼られている場合は、リンク元が把握しないうちにページが削除されていることがあります。

サイト運営者は、定期的にGoogle Search Consoleなどで、外部からの被リンクURLを確認して、404 Not Foundのエラーが出ていないかチェックしましょう。

入力したURLが間違っている

入力したURL自体が間違っている場合は、当然ページは存在しないため、404 Not Foundが返されることになります。
スペルミスがないか、入力漏れがないかをもう一度確認する必要があります。
手入力は間違いが発生しやすい為、データのコピペやQRコードからのアクセスを利用するのがよいでしょう。

サイト運営者による表記ミスであれば、デッドリンクとなってしまうため、ユーザーや検索エンジンからの評価が下がる可能性があります。
いち早く問題に気づき、修正するとよいでしょう。

削除したURLから新しいURLへのリダイレクト設定ができていない

正しいリダイレクト設定がされていない場合、404 Not Foundが表示されます。
ドメイン移行やページ削除などで新しいURLにページ移動するが発生した場合は、通常サイト運営者は元のページが自動的に新しいページに移動するように301リダイレクトを設定することが求められます。

404エラーは、サイトの評価に悪影響を与えない?

404 Not Foundがサイト内に存在すると、全体の評価が下がるのではないかと心配になります。

404 Not Foundが、外部サイトからの被リンクによるものであれば、相手のサイト運営者に報告する意外どうすることもできません。

しかしながら、このような理由もあり、基本的に404 Not Foundはサイトの評価に悪影響を及ぼさないと言われています。

GoogleのGoogle 検索セントラル ブログの「404はサイトに悪影響を与えますか?」によると、Googleは、404エラーはサイトの評価に影響しないと公表しているので安心です。

しかし、ソフト404はあまり好ましくないといった情報が掲載されているので、サイト運営者は、ソフト404 エラーになっていないか確認しておくとよいでしょう。

ソフト404 エラーは、主に低品質でユーザーが閲覧するに値しないページや、サイト内で似たような重複ページが複数存在する場合に起こりやすい現象です。

ソフト404 エラーについて詳しく知りたい方は、Google Search Consoleのヘルプから確認ことができます。

404 Not Foundの解決方法

404が発生するのは不自然なことではないので、存在自体は問題ではありません。

しかしながら、404 Not Foundがユーザーに返されて、当該ページが閲覧できなくなることは好ましくありません。

ユーザビリティやクローラビリティが損なわれる可能性があるので、解決できる問題であれば、速やかに解消しましょう。

ここでは、オリジナルの404エラーページを作成したり、サイトマップを設置することで、ユーザビリティの低下を防ぐ方法を紹介します。

オリジナルの404エラーページを作成する

デフォルトの404 Not Foundページは、シンプルな文字だけでデザインされている事が多いので、ユーザーに状況やエラーの意図が伝わりにくいことがあります。

そこで、ユーザーが見てもわかりやすいUIを用いた独自のエラーページを作成することで問題を解決することが出来ます。

オリジナルの404エラーページを作成する際は、存在しないページであることがわかるように、訴求内容やナビゲーションに意識しましょう。

このように404 Not Foundから移動できるように、主要なページへのリンクを用意することをお勧めします。

サンプルは、カスタム404ページを使って「指定されたページまたはファイルは存在しません」とメッセージで伝えた上で、各メニューからサイト内の別のページに移動しやすくしています。

特定のページにリダイレクトさせる

404 Not Foundエラーが発生した場合、すべて特定のページに301リダイレクトさせる方法です。

ユーザーには404であった事がわかりにくいといったデメリットはありますが、サイト運営者は、簡単な設定を行うだけでユーザーの離脱を防げるといったメリットもあります。

.htaccessを用いた404のリダイレクト例

ErrorDocument 404 https://www.tsuyoshikashiwazaki.com/

上記は、404ページにアクセスした際、トップページへリダイレクトさせる.htaccessを使った設定です。
URLの部分は、転送させたいページ先を記述してください。

WordPressを用いた404ページ作成やリダイレクトの例

WordPressの[外観] > [テーマファイルエディタ]から、404.phpという名前のファイルを作成すると、自動的にステータス404となった場合は、404.phpの内容が反映されます。

リダイレクトする方法は、WordPressのリダイレクト用のプラグイン「Redirect 404 Error Page to Homepage or Custom Page」を使用すると便利です。
ダウンロード後にプラグインを有効にすることで、リダイレクト先に設定したページへリダイレクトさせることが可能になります。

まとめ

以上、404 Not Foundについて意味と解消法を解説しました。

改めてになりますが、404 Not Foundは、アクセスしたURL先が変更されている場合やウェブページが削除されている際に表示されます。

404 Not Foundがあること自体は、SEOにとって悪影響を与えることはありませんが、ユーザーが存在しないページにアクセスしたり、閲覧できなくなることは、ユーザビリティを損なう可能性があります。

ユーザビリティやクローラビリティが損なわれないように、転送処理を施したり、404エラーページを正しく設定してオリジナルのエラーページを作成することがおすすめです。

よくある質問

📕404 Not Found 読み方は?

📖一般的に404をそのまま数字で「よんまるよん」、英語部分を「ノットファウンド」と読みます。

📕404 Not Foundの出し方は?

📖ブラウザを通して、存在しないファイル、またはディレクトリのURLにアクセスすると表示される場合があります。

📕404 Not Found 原因は?

📖入力されたURLが間違っているか、ファイルが存在しない場合に発生するステータスコードです。ユーザーがサイトにアクセスできないといった状態を表します。

当サイトの運営者。
主にSEO、SXOの考え方について、現場での経験から、どのようにGoogle検索エンジン対策を行えばよいかを具体的に解説できるよう努めています。再検索キーワード調査トピッククラスター構築ツール競合キーワード調査キーワード難易度調査ツール検索ボリューム調査ツールサジェストキーワード調査ツールの考案者であり開発者。詳しくはプロフィールをご覧ください。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

, , , , , ,