SEOにおける目標と戦略

Last Updated on

はじめに

この話題を取り上げるかは少し悩んだのですが、1行だけどうしても伝えたくて筆を取っています。(キーボードだけど)

技術的は話は一切出ませんので、技術を学びたい方途中で知りたい事と「違う」と気づかれた方は、お時間を取らせてしまい申し訳ないですが、別の記事をご覧くださいませ。

SEO対策以前の問題

みなさんはSEO対策を行うにあたり、どういったキーワードで上位表示を獲得したいと思っているでしょうか。

カフェをお持ちの方であれば、「カフェ」を狙いにいきますか?
または、「カフェ おすすめ 人気」といったキーワードを設定するでしょうか。

佐藤家具(仮)

ここでは、仮のショップを例に出します。

佐藤家具さんは、地方で小さな家具ショップを営んでいます。

このお店にウェブコンサルタントとして協力されている方から、このような依頼が来ました。

「家具で上位表示できますか?」・・・

絶望しか無い

更にそのあとに続いた文章は、
「その他に、なにか良いキーワードはありますか?」
でした。

ここで注意して頂きたいのが、決して【お店の規模に対するキーワード設定】に絶望しているわけではありません。誤解されないようお願いします。

聞く人を間違えている

さて、一番悲しかったのは、【そんなビッグワードで上がるわけがない】といった難易度の事ではありません。
※ぶっちゃけ、難易度も相当高いですが

「なにか良いキーワードありますか?」の部分です。

そもそも誰が商売をしているのでしょうか。
私はお店のオーナーではありませんし、責任者でもありません。

そのビジネスは、誰が何を目標として、どのような戦略で営まれているのか?
どういったニーズを持たれたお客様に来てほしいのか?

そのような事を責任者に聞かず、赤の他人に聞いてしまうくらいであれば、コンサルタントや代理店は辞めたほうが良いと率直に思います。

オーナーに問題があるわけではない

どのような要望があったのかはわかりませんが、現場ではコンサルタントに思いの丈や目標を語っていたかもしれません。

100歩譲って「どうしたら良いか」とオーナー(責任者)に聞かれたのであれば、ヒアリング不足です。

少なからず、聞けば出てくるはずです。
「うちの店は小さいけど、地元で30年も営んでいる実績もあり、いい商品を扱っている自信がある。
 全国の皆さんに知って欲しいし、ネット通販も導入したので、遠方のお客様にも家具をお届けしたい!」
とか
「うちはカフェやレストランといった飲食店に人気なんですよ。
少し高いですが、手作りの温かさもあり、見た目もオシャレで丈夫です!
1つ1つ思い入れのある作品なので、商品の説明やこだわりポイントは任せてください。」

といった話を引き出せるのではないでしょうか。

家具屋さんは、ウェブコンサルタントでもなくSEOのプロでもないので、何を伝えて良いかがわからないだけです。

オーナーの目標を【WEBにどのような戦略で、落とし込めるか】が、腕の見せ所ではないでしょうか?

もう一度、目標をしっかりと聞いてください。

それでもなお、オーナーが、
「何を目標として良いかもわからんし、どういう客に来て欲しいかもわからん。やる気もないし、伝える事は何もない!」
と言われた場合は、人生相談に行っていただいた方が良いです。

まとめ

この記事は、主に自分の身を守るために書きましたが、実際このようにフワフワとした感じで、SEOの提案・導入をされている方がいるのではないでしょうか。
これはSEOという手段だけが決まって(要望されて)いて、目標戦略が不明確な状態で起こりやすいパターンです。(これが言いたかった)

つまり、「SEOをやりたいんだけど、それっぽい良さげなキーワードを適当に設定して、誰かにぶん投げちゃえば良いかな」といったコンサルタントさんや代理店さんの例です。

もちろん、ご自身でホームページを運用されている方も、まずは「SEO対策が必要か?」といった基本的な部分から、「どういった目標があり、どのような人々に来てもらいたいのか」と、原点に立ち戻って考えてみてはいかがでしょうか。

当サイトの運営者。
主にSEO、SXO、Googleの考え方について、現場での経験をもとに、どのように対策を行えば良いかを具体的に解説できるよう努めています。詳しくはプロフィールをご覧ください。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

, ,