ChatGPTを使った質の高いブログ記事の生成プロンプトとは? | 柏崎剛SEO対策ドットコム

ChatGPTを使った質の高いブログ記事の生成プロンプトとは?

chat gpt (2)

更新日:

目次

要約:

  • ChatGPTは、文章生成、文書の分類、言語翻訳などの自然言語処理を行うことができる生成AIの1つ。
  • ChatGPTのAPIを使うことで、開発者は自然言語処理に関する多様なタスクを簡単かつ高精度に解決できる。
  • ChatGPTには学習データや出力方法に偏りがあるため、適切な入力データや命令文(以下プロンプト)を用いることが必要になる。

はじめに

「ChatGPTを使ってブログ記事を簡単に作成したい!」といったニーズは、多くのブロガーにとって興味深いテーマの一つでしょう。

ブログ記事の作成は、ご存知のように時間と手間がかかる作業で、特に毎日更新する場合は負担が大きくなります。
ChatGPTを使った自動生成は、日々忙しく、時間のないサイト運営者やライターにとってとても魅力的なツールであると言えます。

ChatGPTは、以前のような「自然言語処理は使えない」といった印象を大きく覆すほどの高い評価を得ており、時間の節約だけではなく、記事の質も向上するといった期待も望めます。

この記事では、ChatGPTを使ったブログ記事の自動生成する方法について詳しく解説するとともに、自動生成のデメリットにも触れ、その問題をどう解決するかについても考えていきます。

さらに、ChatGPTで良質なコンテンツを作成するには、”どういったコツがいるか”、”どのようなプロンプトを投げればよいか”といった部分に関しても、後半で具体的な例を挙げながら説明していきます。

今すぐAIを使ってブログ記事やコンテンツを自動生成したい!

この記事では、ChatGPTの仕組みやブログ記事を自動生成するためのプロンプトを解説していきますが、「難しくてわからない」「学んでいる時間がない」といった方向けに、誰でもボタン一発で簡単に見出しや記事を生成してくれるツールを提供しています。

私が現在公開中の「各種SEOツール」の最新バージョンのAPIが各種組み込まれているので、SEOに強いコンテンツ作成が可能です。

見出し生成、見出しブラッシュアップ、タイトル生成、導入文生成・本文の生成機能が搭載されているので、お急ぎの方、面倒くさいことは苦手な方は是非ご活用ください。

SEO対策を強化したい全てのブロガー&マーケター向けに”Blog Creator”

SEOに強い記事構成が誰でもかんたんに作れる AIブログ生成ツール Blog Creator

それでは、それ以外の方は引き続きChatGPTを使ったブログ記事の生成方法を学んでいきましょう。
下記のノウハウさえマスターしてしまえれば、基本無料で実現することが可能なので、有料ツールを使うよりはお得です。

ChatGPTとは?自然言語処理の最先端技術による言語モデル

ChatGPTとは、自然言語処理技術を最先端まで発展させた言語モデルの一つです。

ChatGPTを使用することで、文書や文章に含まれる膨大な情報を自動的に把握したり、要望に応じた適切な回答を得ることが出来る生成AIをいう便利なツールです。

2013年に設立されたOpenAIにより2018年にGPTが論文によって提案され、翌年には強力な自然言語処理技術を提供するGPT-2が登場しました。

続く2020年にはGPT-3が発表され、更に2022年11月に本記事でも紹介するChatGPTが公開されます。
ChatGPTは、当初gpt-3.5-turboを用いて公開されましたが、その進化版であるGPT-4が2023年3月14日に早くも公開され、当然のようにChatGPTにも組み込まれました。

現在は、インターネットの情報を取得できるWebPilotやサイトのURLを入力するだけで、SEO分析を行うえるSEO.appといった様々なプラグインも存在します。

進化ペースがとてつもないスピードで起きているので、本記事をご覧になっている方は、既に新しいバージョンに切り替わっている可能性もあります。ご自身でもChatGPTやPluginの現在のバージョンを確認してみるとよいでしょう。

さて、このChatGPTは質疑応答はもちろん、サイト検索や自動翻訳、文章生成、スクレイピングなど、多用な用途で、様々な業界で活用されており、ナレッジ分野では企業内におけるビジネススキルアップや顧客満足度アップなどにも貢献しています。

また、この言語モデルは、使えば使うほど、時間が経てば経つほど、学習を積み重ねることが可能なため、常に対話や回答の質が向上し続けることが予想されています。

ChatGPTのトップページ

ChatGPTとは何か?自然言語処理技術の基本

ChatGPTは、以前のような単一応答型のシステムではなく、人間とAIがコミュニケーションの取れる応答型のシステムを採用しています。

GPTとは、Generative Pre-trained Transformerの略称で、Transformerというニューラルネットワークを利用して学習します。

そもそもChatGPTとは、”GPT-3ファミリー”という旧来から存在する言語モデルをベースとして構築されました。現在は、GPT-4へとベースが進化していますが、“教師ありの学習”と、繰り返し試行錯誤のやりとりを重ねる”強化学習”の両方で転移学習することで能力を上げ続けています。

ChatGPTが利用されるたびに、検索エンジンやウェブサイト、SNSなどの情報をもとにした都度学習が行われるため、質問応答の精度が日に日に向上することが期待されています。

ChatGPTの使い方は簡単で、ツールが提供されているOpeAIの専用フォームに質問するだけです。
入力された文章をもとに、適切なレスポンスをChatGPTから得ることが出来ます。

具体的には、OpenAIのサイトからChatGPTに取得したアカウントでログインを行い、入力フォームからプロンプトを送信することで回答を受け取ることができます。

今まさに、この瞬間も多くの人々によって、世界中で利用されていることでしょう。

ChatGPTの特徴とは?他の自然言語処理技術との比較

ChatGPTは、大規模データセットを介して訓練されたニューラルネットワークを用いて、人間のように自然な文章を生成できる非常に強力な技術です。

例えば、企業が顧客との会話をChatGPTを用いた自動応答を採用することで、人を介さずに迅速な回答を提供することができるようになります。
GoogleBardを代表とするような、様々な自然言語処理の開発が各社で行われていますが、現時点でGPTよりも精度の高いサービスは見当たりません。
※執筆時点の筆者の評価ですので、今後は市場自体が大きく成長し、新サービスが出てくる可能性があり得るとお考えください

つまり、ChatGPTの最大の特徴は、他の自然言語処理技術と比較しても、高い精度で且つ高速に文章の生成ができることです。

これは、膨大なデータセットをうまく活用できていることが理由となります。
また、ChatGPT(GPT-4)の学習モデルは、他の自然言語処理技術に比べて容易に扱うことができるため、多くの企業や研究者に活用されており、専門的な分野での成長や進化もライバルと比較して速度が早いと考えられます。

一方、ChatGPTには問題点やデメリットも存在します。
例えば、ChatGPTはあくまでも1つのモデルであるため、全知全能ではなく、100%正確な回答を提供することが現時点では難しいといった点です。

最近では、Pythonなどのプログラミング言語を使用したり、GPTのAPIを使ったアプリケーションが多く公開されてきています。
また、GitHubなどで公開されているツールを使用することで、容易にGPTと連携されたシステムの構築が行われるようになった為、上記のような問題点も縮小することが予想されます。

ChatGPTに必要な料金体系と選び方のポイント

ブログを運営している方なら、SEO対策に一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。

SEOの中でも、コンテンツや記事作成は、非常に労力がかかり、且つ外せない作業であることはご存知のことかと思います。

しかし、日々コツコツと記事を作成していくことは、初心者のみならず、中級者・上級者の方にとっても骨が折れる面倒な作業になっていることでしょう。

そこで誰もが期待する要望として、「楽に高品質な記事量産できないか?」といったものです。

ChatGPTを使用した文章の自動生成は、必要なデータ(質問)を入力するだけで、簡単に記事を生成することができます。

現時点では、混雑状況によりレスポンスが遅くなってしまったり、サーバダウンしている事が多いものの、無料で利用できるプランも存在しており、副業やフリーランスで活動しているライターにも喜ばしい状況となっています。

2023年に有料プランとして$20.00でサブスクリプションサービスが開始されたことにより、ますます使い勝手の改善やレスポンス速度の向上が期待されています。

ChatGPTの料金体系とは?

ChatGPTを利用することで、ブログ記事の作成や更新などの煩わしい作業から解放され、より多くの時間をビジネスやプライベートな活動に割くことができます。

ChatGPTの元となるGPTの料金体系は、利用者のニーズに応じて複数のオプションが用意されています。

一般的には、独自で開発したシステムに生成AIを実装することを目的としたAPIが有名で、自動生成する文章の量に応じて月額料金が設定されている従量課金のプランがあります。使用するAPIの種類やレートリミットによっても、料金が異なる場合がありますが、これは主にプログラミングを用いる際のサービスになります。

一方、初心者でも手軽に扱えるChatGPTは、基本無料で利用できます。
現在のところ無料で利用できるのは、GPT-3.5turboという旧バージョンのみが使用できるプランとなっていますが、ChatGPT Plusという月額$20.00のサブスクリプションサービスに登録を行うことで、最新のGPT-4を利用することが可能になります。
更に有料プランのユーザーには、画像生成AIの”DALL·E”や”高度なデータ分析などの追加ツールへのアクセス権”といった快適な環境も提供されます。
また、近い将来は最新バージョンが公開される可能性も高く、様々な機能の開放も行われる予定なので、とことん使い込むことが予想される方は、有料プランに入っておくことをおすすめします。

中小企業のウェブ担当者や個人ブロガーにとって、ChatGPTの自動生成機能は、時間やコスト削減を実現するための便利なツールです。

ライターに依頼していた原稿料、調べ物やアイデア出しといったご自身の稼働時間を鑑みると、ほとんどの方に「有料プランをおすすめできる」と言って良いでしょう。

ChatGPTを使う上での注意点とポイントとは?

ChatGPTを使用する際には、いくつかのポイントと注意点があります。

まず、ChatGPTを使ったブログ記事の自動生成を行う場合は、その記事の”品質”を疑うことが大切です。

ChatGPTは自動生成ツールであるため、文章の表現力や充実度、正確性が不十分である場合があります。
そのため、作成した記事を人の目でファクトチェックを行ったり、執筆者本人が修正・加筆を行う必要が出てきます。

また、関連する記事や文献などをChatGPTにプロンプトを通して参照・学習させることで、正確性や表現力をアップさせることが可能です。
適切なキーワードや前提文を指示・指定してあげるとよいでしょう。
具体的なプロンプトは、この記事の後半で解説しています。

テキストを生成するAIとしてスタートしたChatGPTですが、現在はChatGPT Plusに登録することで、文章だけではなく、画像も生成することが可能になっているのでデザインに関する相談も行ってみるとよいでしょう。近い将来、動画や音声といったコンテンツも生成可能になるかもしれません。

ChatGPTはHTMLコードやCSS、プログラムコードに関しての構文を生成する能力が高いので、現在のところ、この構文作成機能と画像生成AIのDALL・Eとを組み合わせて利用するとよいでしょう。

また、世の中にはGPT以外にも様々な自動生成ツールが存在するため、必要に応じて他の生成ツールと組み合わせたり、比較することも生産性を上げる方法の1つです。

ChatGPTで出来ることは?自動生成されるブログ記事の特徴と活用方法

ChatGPTを使って自動生成されるブログ記事とはどのようなものでしょうか?

出力される記事は、ChatGPTが学習した様々なデータから自動的に生成されるので、適切なプロンプトさえ用意することが出来れば、”見出し”、”冒頭文”、”本文”と区画にわけて、人が書いた記事に近い形で構成された内容を受け取ることが出来ます。

また、生成された記事はメモ帳やWordなどにコピペすることで、後ほど自由に編集することができます。ChatGPT上で出力された内容を”そのまま使わなければいけない”といったわけではありません。

ブログに投稿する際は、文章の変更はもちろん、カテゴリー分けをしたり、装飾を自分で行うこともできるでしょう。

まずはChatGPTを用いて、ざっくりとした文章の”たたき”を作り、全体の構成を1から考えるといった時間を節約することができます。
特に記事を書くことに苦手意識のある人には、非常に助かるアシスタントとなります。

しかしながら、自動生成された文章は完璧なものばかりではなく、少なからず事実確認や修正が必要であることは前述の通りです。

ChatGPTを使って自動生成されたブログ記事の特徴とは?

ChatGPTで自動生成されるブログ記事には、どのような特徴があるのでしょうか?

人間が書いたかのような文章は確かに生成されるものの、お世辞にも「誰が見ても高品質である」とは言い難い場合がほとんどです。

そのため、ChatGPTが未知の情報や世の中に浸透している情報でない場合は、”いい加減なつくり話”や”適当な嘘を付く”ことが現時点では少なからずあります。

しかしながら、自動生成したいブログ記事の主題に関連する”キーワード”や”一般的な情報”、”コメント”などをプロンプトに含めることで、比較的正確で、網羅的なコンテンツを生成することが可能になります。

ただし、注意しなければいけない点もあります。

例えば、ChatGPTは、法律的な問題や政治的な問題、危険な思想に対して回答ができないことが多いため、すべての物事や事象に関して、必ずレスポンスが得られるわけではありません。

また、何度も口を酸っぱくして言いますが、生成された記事を使用する場合は、ファクトチェックを疎かにせず、誤りや意図しない回答に対して修正を加えなければなりません。

一見、人間が記述した文章と錯覚するほど自然な回答が出力されるため、問題点の発見を妨げる要因となってしまう可能性もあります。

今後もChatGPTを使用した自動生成ブログ記事が、市場には量産されることが予想されますが、情報の品質を保つためにも誤情報を拡散しないよう、ウェブサイトやSNSといったコンテンツに落とし込む際は、十分な事実確認を行った上で公開をしなければなりません。

ChatGPTで自動生成されたブログ記事でSEOは可能か?

SEO対策を意識する場合、自動生成された記事をそのまま掲載するだけでは、検索エンジンで上位表示化を狙うことが難しいため、オリジナルの文章になるように”ある程度は書き直す必要がある“でしょう。

ご自身の専門的な観点で加筆・修正・編集を行うことで、質が高く、より読者に読みやすい内容にブラッシュアップすることができるため、構成や叩きを作成する手間を削減するといった使い方にとどめれば、SEO対策はできると言えます。

内容や文体に一貫性がない場合があるので、それらの編集や校正を行い、信頼性や正確性に疑問が残る場合もあるため、参考文献やご自身の知識を用いたファクトチェックが求められます。

ChatGPTで自動生成されたブログ記事は、利用方法によっては非常に有用なコンテンツとなる反面、そのまま掲載してしまうのは、ネット上のリソースを増やすだけとなってしまい、最悪の場合はGoogleからペナルティを受けてしまう可能性のある危険な行為です。

生成された文章が、記事のシード(種)であると捉え、そこから十分な編集や校正を施し、コンテンツの品質を上げることを忘れないようにしましょう。

ChatGPTを使った自動生成の基本的な手順とコツ

ChatGPTを使って記事の本文を自動生成する前に、ブログのテーマやページのカテゴリーを決めることから始めましょう。

デタラメに大量の記事を公開しても意味がないので、ご自身のブログのジャンルに合った関連性の高い記事を生成しなければなりません。

記事のテーマや関連するキーワードをプロンプトから入力し、まずはChatGPTに”前提”を学習させることで、自サイトに関連するコンテンツとして適切な記事を作成することを心がけましょう。

ChatGPTは本文だけではなく、構成やキャッチコピー、見出しなどを自動生成することが可能です。

ブログ記事の場合は、適切な動画や音声などを追加する必要も出てきますが、文章と画像以外のオブジェクトに関しては、現時点では人の手で作成するほかありません。

しかしながら、「動画や音声は必要か?どのような内容で作ればよいか?」といったアドバイスはChatGPTに質問してもよいかもしれません。

とは言え、まだまだ人間から得られる情報のほうが、正確で精度が高いのが現状ですので、アドバイザーとしての役割を任せましょう。

ChatGPTを使った完全自動プログラムで記事を量産する手順とは?

プログラミングなどを使ったブログ記事の完全自動生成は、ChatGPTではなくAPIと連携する必要があります。

Python、Java、Perlなどのプログラミング言語を使ったGPT-3, 4のAPIとの連携があります。

OpenAIのライブラリをPython3で使うには、まずpipでインストールしておきます。

pip install openai

APIキーをプログラムコードにハードコードするのは危険です。安全にKEYを取り扱うには、環境変数に設定しておきましょう。Linuxのターミナルに

export OPENAI_API_KEY=”sk-XXXXXXXXXX”

と入力しておけば、環境変数が設定されます。シェルの起動時に設定されるように、ホームディレクトリにある.bashrcにも書き込んでおきましょう。

さて、APIに問い合わせする際は、プロンプトをAPIにjson形式で問い合わせする流れが一般的です。

生成したい記事の内容を入力すると同時に、様々なオプションが用意されているので、関連キーワードやサンプル文などの情報をセットで送信しましょう。精度の高いレスポンスを得るためには、オプションの値などを調整することが必要です。

レスポンスとして返ってくる自動生成された記事には、前述のChatGPTと同様で、人間が書いた記事と比べて、不自然な表現であったり、内容が事実と一致していなかったりする可能性があります。

APIを利用する場合であっても、手動でリライト・編集を行い、品質を高めることが求められるのは同様です。

初心者でも簡単にChatGPTで記事を生成するテンプレートは?

以上のように、ChatGPTの精度は日々向上してきてはいるものの、プログラマーが扱うようなAPIを経由しなければならなかったり、高品質で正確な文章をAIのみに任せることはまだ難しい状況です。

しかしながら、本ページをご覧になっている方は、少なからず「簡単に高品質な記事を自動で作りたい!」といった”わがまま”な思いがあるはずです。

そんな皆様に、私なりに編み出したChatGPTを使った“高品質で検索意図も汲み取ったSEOにつよい文章の生成方法”をコピペしやすいテンプレート形式で伝授しようと思います。

ここで紹介するテクニックは、私が以前Twitterに投稿した下記の内容を詳しく、更に具体的に解説したものです。

一部の心無い方が、私の名を語った情報商材を有料で配っているといった話を聞いたこともあるので、これ以上の皆さんに無駄な出費をさせないためにも、本ページにてプロンプトを無料公開したいと思います。

このテクニックは、「有料級だ!」といった意味ではなく、あくまでも無料で手に入る情報として公開しておきたいといった思いで提供させていただきます。

時間の経過とともにごく一般的な手法となり、行く末は”古い考え方”になるのは当然の事だと考えているので、価値のある情報であることをアピールしているわけではありません。

誤解のないようお願いいたします。

また、この方法をご利用になられる方は、何が起こっても当方は一切の責任を負いませんので、各自自己責任でご活用ください。「検索順位が落ちた!」「コンバージョン率が下がった!」等のデメリットもございますので、リスクを回避されたい方にはおすすめいたしません。

それでは、ご承諾いただける方のみ読み進んでいただければと思います。

まずはメインキーワードを決めてブログコンテンツの軸を設ける

まずは、メインとなるキーワードを確定させましょう。
こればかりは、AIに決めてもらうわけにはいきません。

ご自身のサイトへ新たに投入するブログ記事を”一言”で表すテーマとなる”メインキーワード“を決めます。

ここでは、私の大好物である”牛ホルモン“を題材としたブログ記事をとして書き進めていくことにします。
あくまでもサンプルとなりますので、皆さんは各々ご自身で決めたキーワードテーマに当てはめながら読み進めてください。

さて、メインキーワードは”牛ホルモン“に決定しました。

一般的には、HTMLの構文通り、「上から組み立てていこう」と思う方も多いと思います。
つまり、ページ構成の上部から、タイトル(<title>)と大見出し(<h1>)、中見出し(<h2>)…と、ページの流れ通りにChatGPTにコンテンツを生成させようとしがちです。

しかしながら、私のおすすめする方法は異なります。
まだコンテンツ自体が出来ていないので、タイトルをAIに考えてもらうには、情報不足となりフライングとなる恐れがあるためです。

メインキーワードが確定したら、まずは全体を構成する要素となる<h2><h3>から作っていくことにしましょう。

再検索キーワードから<h2>を自動生成する

早速、”牛ホルモン”を題材とした<h2>の見出し案を作っていきます。

<h2>を生成する場合、“牛ホルモン”の再検索キーワードを調査することから始めましょう。

再検索キーワードは、当サイトで公開している再検索キーワード調査ツールで調べることができます。

*別記事の再検索キーワードとは?その使い方と調べ方でも詳しく紹介しています。

ちなみに”牛ホルモン”の再検索キーワードは、以下のようになりました。

本ツールには、便利なコピペ機能がありますので、エクセル等にペーストして手動で整理してください。

執筆時点の”牛ホルモン”の再検索キーワード

出現回数が2回以上の再検索キーワード、”牛ホルモン”の直下再検索キーワード、PASFPAAを赤字にしています。

注意:この抽出結果は、執筆時点の再検索キーワードです。
再検索キーワードは、日々変化するものなので、皆さんがツールを試した際に出力されるデータとは異なります。
また、この後出てくる”共起語”や”サジェスト”も同様、毎日のように変化しているキーワードであるため、まったく同じ内容は出力されません。

また、一部のセンシティブな内容であったり、政治・宗教・人種・犯罪などに関連する再検索キーワードは出現しない場合があります。
そのような場合は、再検索キーワードの代わりにサジェストキーワードを当てはめて<h2>を生成してもよいでしょう。

再検索キーワードもサジェストキーワードも出ない場合は、競合キーワード共起語を使ってもよいです。

この章では、再検索キーワードを主役として活用していますが、本来再検索キーワードは潜在ニーズとなるので、よく検索に使われるサジェストキーワードで<h2>を組み立てることも有用な場合もあります。しかしながら、サジェストキーワードのみで構築したページは、やや単調な傾向があるので、SEOにフォーカスした再検索キーワードをおすすめしています。

それでは、早速これらの抽出された再検索キーワードを用いて、ChatGPTに<H2>の見出しを作ってもらいましょう。

以下のような命令セットをChatGPTのフォームに入力します。

コピペ用
「牛ホルモン」を題材としたブログ記事を書きたい。
下記の"再検索キーワード:"をすべて使って<h2>タグの自然な見出し案を5個作ってください。
なお、似たような見出しは提案しないようにしてください。

再検索キーワード:
ホルモン食べ過ぎると、ホルモン 体に悪い、牛ホルモン 下処理、牛ホルモン 効果、 牛ホルモン小腸、牛ホルモン 栄養成分、牛ホルモンレシピ、牛ホルモン 部位、牛ホルモン セブン、牛ホルモン カロリー、 牛ホルモン 栄養、牛ホルモン 種類、牛ホルモン 通販、牛ホルモン焼き方、牛ホルモンの効能は?、牛のホルモンはどこの部位?、ホルモンは体にいいですか?、ホルモンは太りますか?

ちなみに、ここでは「見出し案を5個」と指定していますが、「3個」でも「10個」でも構いません。

また、表現方法や制限などは自分なりに考えて、ご自身の希望とマッチするような返答が得られるように工夫してください。

すると、すぐに以下のような”見出し案が指定された個数だけ”、ChatGPTからレスポンスがきます。

生成された各<h2>に違和感がないか、また明らかに事実と違う見出しがないかを予めチェックしておきましょう。

問題なければ次のステップに進みます。

生成された<h2>から共起語を使って更に深掘られた<h3>を自動生成する

それでは、上記で作った<h2>をベースとして、その<h2>にぶら下がる<h3>の見出しを3つずつ作ってみましょう。

<h3>を構成するキーワードが、ChatGPTに正しく伝わるように学習させるためには、使用する共起語を指定して生成させることがポイントです。

共起語は、当サイトで公開している共起語調査ツールで簡単に調べることが出来ます。

*別記事の共起語とは?SEOに効く共起語の調べ方や使い方でも詳しく紹介しています。

“牛ホルモン”の共起語は以下のようなものになります。

共起語ツールで取得した”牛ホルモン”の共起語一覧

この共起語ツールでは、<title>で使われている共起語、<h1> – <h3>で使われている共起語、<description>や<body>で使われている共起語といくつかに分かれていますが、ここでは<h3>を作成することが目的となるので、<h1> – <h3>において頻出する共起語をクリップボードにコピーして、エクセルに貼り付けてみることにしましょう。

h1~h3タグに出現する”牛ホルモン”の共起語は、全部で219個ありましたが、これでは少しデータとして多すぎる上に、ユーザーニーズが低い共起語も混ざっているので、重要度の高い2回以上重複(ライバルサイトで頻繁に出現)している共起語のみに絞ります。

また、不要な文字列や違和感のある文字列、よくわからない記号なども含まれてしまう場合があるので、これらは目視で除去していきます。

すると、ここでは59個まで共起語の数を縮小することが出来ました。

それでは、先程<h2>を生成した際と同じ要領で、<h2>にぶら下がる<h3>の見出しを生成させます。
今回は、生成した<h2>案とともに、共起語も同時に投げることになります。

以下のような命令セットをChatGPTのフォームに入力します。

コピペ用テンプレート
下記の"H2タグの見出し案"に対応するH3を"使用する共起語"にある単語を使用して、各3つ以上作ってください。
なお、似たような見出しは提案しないようにしてください。

H2タグの見出し案:
牛ホルモンの効能は?栄養成分や摂取量について解説
牛ホルモンの下処理方法は?自宅でできる簡単な処理法を紹介
牛ホルモンの種類と部位は?それぞれの特徴とおすすめの食べ方
牛ホルモンを食べ過ぎると体に悪い?正しい食べ方と注意点を知ろう
牛ホルモンのカロリーや栄養価は?ダイエット中でも食べられる理由とは?

使用する共起語:
ホルモン、レシピ、部位、センマイ、商品、豊富、ヘルシー、スタミナアップ、人気、ハチノス、レバー、嬉し、ミノ、シマチョウ、特徴コラーゲン、種類、タン、ランキング、含ま、ギアラ、専門店、紹介、テール、最適、ミネラル、和牛、焼き、カロリー、女性、300、冷凍、ハラミ、同じ、カシラ、タンパク、炒め、注意、セット、横隔膜、コリコリ、摂取、食べ、メニュー、確認、カテゴリ、テッチャン、検索、簡単、ツラミ、再入荷、受取、最近、サワー、ピリ、オススメ、受取可能、マルチョウ、中に

ちなみに命令セットでは「各3つ以上」と指定していますが、「各2つ」でも「各5つ」としても構いません。

すると、以下のような見出し案が、指定された個数だけChatGPTよりレスポンスがきます。

h2に対応するh2の見出し案一覧

<h2>を生成した際と同様に、生成された各<h3>に違和感がないか、また明らかに事実と違う見出しがないかを予めチェックしておきましょう。

また、何度も再作成できるため、気に入らない場合はもう一度”再生成(Regenerate response)”を行っても構いません。

<h3>をベースに共起語を使って文章を作成する

さて、ここからが本番です。

ここまで来ると見出しだけではなく、文章も作りたくなってくるものです。

ChatGPTが生成する文章の精度正誤に関しては、この前章でも解説したように、まだまだ改善の余地が残されていますが、プロンプトの組み立て方次第では”そこそこ”のクオリティで返ってくるので、リライトを前提としたベースを作るといった上では利便性が高いと思います。

それでは早速、<h3>のコンテンツに対応する文章を生成してみましょう。

先程生成した<h3>をまずは1つだけチョイスして、コピペしたものをそのまま共起語ツールにぶち込みます。

順番的にわかりやすい<h2>牛ホルモンの効能は?栄養成分や摂取量について解説</h2>に紐づいた、最初の<h3>に該当する「<h3>ホルモンに含まれるコラーゲンの効能とは?</h3>」の共起語を調べていきましょう。

共起語は、再検索キーワードやサジェストキーワードとは異なり、どのような「文章」や「単語」でも、Googleの検索結果が存在するクエリであれば取得が可能な性質を持っているので、使い勝手が非常に良いのです。

つまり、「ホルモンに含まれるコラーゲンの効能とは?」といったキーワードそのものではない長文であっても、共起語は高い確率で取得することが可能です。

ここで抽出した共起語の”どの部分を使うか”がポイントになりますが、私は文章のボリュームが多く、コンテンツの根幹部分を担っている“body”の共起語をチョイスすることをおすすめしています。

もちろん時と場合、考え方によっては、別の区画(title, h1 – h3, description)に出現する共起語を用いてもよいでしょう。

さて、”ホルモンに含まれるコラーゲンの効能とは?”の”body”に出現する共起語は、1131個取得できました。

あまりにも多すぎるので、今回は重複が5回以上の共起語(これで118個程度まで減らせました)、更に先程と同様に不要と思われる共起語を目視で排除して80個まで減らしました。

それでは、取得した共起語を使って、以下のようなプロンプトをChatGPTのフォームに入力します。

コピペ用テンプレート
「ホルモンに含まれるコラーゲンの効能とは?」という見出しでブログ記事を書きたい。
下記に示した"使用する共起語:"にある単語を使用して、200から300文字程度で文章を作成してください。
なお、似たような表現は行わないでください。

使用する共起語:
コラーゲン、ホルモン、女性、効果、美容、エストロゲン、含ま、ビタミン、セット、情報、食べ、減少、レシピ、利用、体内、細胞、摂取、グリシン、成分、プルプル、カロリー、分泌、一覧、スープ、野菜、人気、取り寄せ、食べて、活性、ハリ、材料、作用、店舗、メニュー、キャベツ、アミノ、悩み、存在、意味、シワ、秘伝、働き、特に、研究、不足、簡単、年齢、大き、噛む、考え、美味しい、理由、毎日、老化、嬉し、健康、元祖、多い、改善、シミ、弾力、活性化、予防、角質、高い、単品、新陳代謝、少ない、分か、重要な、食材、脂肪、掲載、ポイント、紫外線、生成、朝美、気に、欠か、方法

ちなみに「200から300文字」と指定していますが、冗長なコンテンツを作りたい場合はもっと多くても構いません。
もちろん、もっと短くして強調スニペットPAA等を狙ってもよいでしょう。

以下のような文章が、指定された文字数で返信されてくると思います。

このような要領で、次の<h3>の記事、その次の<h3>の記事とどんどん生成していきましょう。

今までの流れを見て頂ければ、既に気づかれた方もいるかと思いますが、ただ単純に”「ホルモンに含まれるコラーゲンの効能とは?」について記事を作成しなさい”というプロンプトだけでは、ありきたりでつまらない文章を生成しがちなChatGPTですが、このようにキーワードや制限・条件をセットで命令するだけで、SEOで重要なキーワードも取り込みつつ、幾分マシな返答をさせることも可能になります。

また、テクニックの1つとして、参考になるURLをプロンプトに付け加えると、そのページの内容を参考にして記事を生成することも可能です。

<h1>と冒頭文を生成した<h2>と<h3>から生成する

<h2>と<h3>の見出し、更に<h3>に対応する文章が作れました。

ここまでくれば、ページを構成する要素がほぼ出揃ったので、<h1>や冒頭文も作ってしまいましょう。

先程生成した<h2>と<h3>を用意します。

これらを、用いて<h1>と冒頭文をChatGPTに作ってもらいましょう。
以下のような命令文を入力します。

コピペ用テンプレート
牛ホルモンについて、以下の<h2>と<h3>で構成されているブログ記事がある。
このブログ記事で使用する30文字程度の<h1>見出し案と、ページに関する冒頭文を200から300文字程度で作成してください。

<h2>と<h3>:
<h2>「牛ホルモン」の効能は? 栄養成分や摂取量について解説</h2>
<h3>ホルモンに含まれるコラーゲンの効能とは?</h3>
<h3>スタミナアップに効果的なミネラル豊富なホルモンの部位とは?</h3>
<h3>センマイとミノの栄養価の違いは?</h3>
<h2>牛ホルモンの下処理方法は? 自宅でできる簡単な処理法を紹介</h2>
<h3>下処理で重要なのは臭みをとること! その方法とは?</h3>
<h3>カリッと焼くための下処理のポイントとは?</h3>
<h3>セットで買うと便利な下処理用の調味料とは?</h3>
<h2>牛ホルモンの種類と部位は? それぞれの特徴とおすすめの食べ方</h2>
<h3>牛ホルモンの種類の中で、味が濃く食べごたえがあるのは ?</h3>
<h3>カロリーが低くダイエットにおすすめな部位は?</h3>
<h3>セブンイレブンで買えるホルモン商品のおすすめは?</h3>
<h2>牛ホルモンを食べ過ぎると体に悪い? 正しい食べ方と注意点を知ろう</h2>
<h3>ホルモンの適正な摂取量とは? 女性におすすめの量は?</h3>
<h3>ホルモンを食べる前に確認すべき注意点とは?</h3>
<h3>ホルモンを食べ過ぎた時の対処法とは?</h3>
<h2>牛ホルモンのカロリーや栄養価は? ダイエット中でも食べられる理由とは?</h2>
<h3>牛ホルモンのカロリーや栄養価を知って、健康的に食べよう!</h3>
<h3>ホルモンを食べながらダイエットするためのポイントとは?</h3>
<h3>和牛のホルモンと国産牛のホルモンのカロリーや栄養価の違いは?</h3>

出力の結果は以下の通りです。

「<h1>牛ホルモンのすべて!効能、下処理、部位、食べ方、栄養価を徹底解説</h1>」となっている部分を<h1>として、その下に記載されているリード文を<h1>直下やメインビジュアルの直下にある冒頭文(はじめに)として利用することができます。

応用編で<h2>の冒頭文も作ってみよう

応用編として、まだ未生成だった<h2>の冒頭文も各々作ってみましょう。
下記は、<h2>牛ホルモンの効能は?栄養成分や摂取量について解説</h2>の直下に要約文を作るサンプルです。

コピペ用テンプレート
「牛ホルモン」について書かれたブログ記事で、以下の<h2>と<h3>で構成された箇所がある。
この部分に該当する箇所で使用する冒頭文を200から300文字程度で作成してください。

<h2>「牛ホルモン」の効能は? 栄養成分や摂取量について解説</h2>
<h3>ホルモンに含まれるコラーゲンの効能とは?</h3>
<h3>スタミナアップに効果的なミネラル豊富なホルモンの部位とは?</h3>
<h3>センマイとミノの栄養価の違いは?</h3>

以下のように<h2>牛ホルモンの効能は?栄養成分や摂取量について解説</h2>の直下におく要約文として使用する文章が生成できたかと思います。

同じように、次の<h2>見出し</h2>の要約文、次の<h2>見出し</h2>の要約文…と、どんどん作り続けることが出来ます。

当然ですが、ここでも違和感のある文章や、事実と異なる文章が記載されている場合は、ご自身の手で修正を行うか、ChatGPTの”再生成(Regenerate response)”ボタンを押せば再生成することが出来ます。

ChatGPTで作ったコンテンツはカニバらない?重複コンテンツのリスク

ここで紹介したテクニックは、誰もが簡単にコンテンツを生成することが出来るため、「日本中(世界中)で、金太郎飴のように同じようなコンテンツが乱立しないか?」といった不安・疑念を抱く方も多いと思います。

重複コンテンツや類似コンテンツは、SEO対策(特にGoogle検索)ではペナルティとなる危険性があり、「自サイトの順位が下落してしまうのではないか?」と心配になる気持ちもわかります。

しかしながら、前述でも解説したように、今回ご紹介した見出し生成の命令文では、”再検索キーワード”または”サジェストキーワード”、そして本文生成の命令文には、”共起語”を使用しました。

この関連キーワードとも言われる各々の特性を持ったキーワードは、“日々変化”しています。

つまり、命令文に投入される関連キーワードによって学習したChatGPTは、生成する文章や文言が変化することになるので、内容がまったく同じになるとは考えにくいのです。

また、ChatGPT自体もまったく同じ文章は出力しないランダム性を持っているので、重複ペナルティを受ける可能性は個人的には低いと考えています。

もちろん、Googleによるペナルティに掛からないことを保証するわけではありませんので、ご自身の責任下でお試しいただければと思います。

詳しくは、一度「Google ウェブ検索のスパムに関するポリシー」をご覧いただくことをおすすめします。

まとめ

ChatGPT(GPT-3)の基本的な説明や仕組み、ブログ記事を生成する際の手順やコツなどを解説しました。

最先端技術とされている自然言語処理の中でも、今まさに注目の的となっているChatGPTは、SEO業界のみならず、インターネット業界、果ては皆さんの生活を大きく変える可能性を持っています。

しかしながら、現在のSEOは、”何を言うかより、誰が言うか”が評価対象となっており、検索意図や独自性だけを意識した重複コンテンツの回避だけではGoogleに評価されません。

記事作成の効率化が誰にでも実現可能になった今だからこそ、E-E-A-Tが最重要指標になることは間違いないでしょう。

以上、今回は、現時点で実用的であろうブログ記事の自動生成方法を中心に解説しました。
また、新たなサービスや新技術がリリースされた際は、当ブログでご紹介していこうと思います。

YouTube動画 – 柏崎剛SEO対策チャンネル

よくある質問

ChatGPTで画像生成を行うことはできますか?

ChatGPT自体は主にテキスト生成に特化していますが、同じくOpenAIが開発したDALL-Eというモデルを使って画像生成を行うことができます。DALL-Eは、テキストデータをもとにして画像を生成する機能を持っており、チャットGPTと組み合わせることで、テキストと画像の両方を活用したコンテンツ制作が可能です。

チャットGPTを使ってブログ記事を作成する方法は?

  1. テーマやキーワードを明確に設定し、それに基づいた質問やプロンプトを用意します。
  2. チャットGPTに質問やプロンプトを入力し、生成された文章を収集します。
  3. 生成された文章を整理し、適切な構成や見出し、小見出しを追加して記事の骨子を作ります。
  4. 必要に応じて手作業で内容を修正し、SEO対策やリンクを追加して記事を完成させます。

GPT-3を使って無料で文章を生成する方法はありますか?

無料でGPT-3を使って文章を生成する方法は限られていますが、試すことができるオプションがいくつかあります。

  • 無料のGPT-3ベースのツールやサービスを検索し、利用して文章を生成します。
  • OpenAIが提供するAPIの無料枠を利用して、自分でプログラムを作成し、文章を生成します。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!