SEOに有効な被リンクの獲得方法を徹底解説 - 柏崎剛SEOドットコム

SEOに有効な被リンクの獲得方法を徹底解説

更新日:

関連記事

このページは、”被リンクを増せばSEOに効果あり!良質な被リンクとは?“に関連する記事です。

要約

  • SNSやYouTubeといった様々なチャネルを使って被リンクを獲得する
  • ページにシェアボタンをつけて、SNSなどで拡散されやすくする
  • 無料のサービスやコンテンツを設けて注目度をあげる

はじめに

SEOといえば被リンクの数と質ですが、その獲得方法にはいくつかのやり方があります。
大切なのはただ数を増やすだけでなく、質も考えて獲得することにあるといえるでしょう。
そもそもは、ユーザー視点に立ったクオリティの高いコンテンツを多く作ることに注力することだけでも、自然とリンクは増えていきます。
この被リンクの質を語る上で重要なのはいわゆるE-A-Tで、専門的かつ権威性があって信頼されるコンテンツを目指すことが重要です。
もちろん、それだけでリンクを増やすには限界があるので、様々な方法と活動を組み合わせてリンクビルディングに取り組むことをおすすめします。

認知度の向上には様々なチャネルを活用する

サイトやページ、コンテンツをより広く知ってもらうために認知の向上施策も非常に重要です。
他サイトとの相互リンクや寄稿によるタイアップ記事の作成、SNSや動画サイトなど、様々なチャネルを活用して認知向上を図ることが有効です。
いずれにしても、SEO対策で自サイトを知ってもらう為には、受動的に認知向上を待っているだけではなかなか”コト”が進まないので、被リンクを増やす能動的な活動する必要があります。

被リンク獲得に効果のある代表的な施策

SNSアカウントを運用して定期的に情報を発信するのも1つの手段ですが、素早く認知度をあげるには広告を出稿する方法が最適解です。
広告はキーワード検索で特定のキーワードに反応する検索連動型広告の活用します。
例外を除いて、設定後はすぐに掲載可能なため、広告効果がすぐに現れます。
また、Googleなどの管理画面を使って操作が可能なので、利便性も高くおすすめできます。

他にはサイトにシェアボタンを設置してSNSでシェアしてもらうのも効果的です。
シェアボタンは訪問者にシェアをしてもらうまでのハードルを下げる仕組みとして有効で、その性質上ページやコンテンツの最後である”読み終わり箇所”に設置するのが一般的です。

また、自サイトが取り扱うコンテンツに関連するサイトを紹介するリンクを設置することで、相手先からのリンク獲得に繋がる可能性があります。
リンク先のサイトにメールなどで直接伝えることで、相手先からお返しにリンクを貼ってもらうことが期待できます。
必ず成功するとは限りませんが、肝心なのはこちらから動いて相手の反応を引き出すことで、積極的にリンク獲得のチャンスとなる行動に励みましょう。

引用しやすいデータをまとめる

人々に役立つ情報をまとめて公開すると、それだけでリンクを貼ってもらえる可能性が出てきます。
どうのような情報をまとめるかは運営サイトと取り扱うカテゴリやジャンルによりますが、例えば統計情報やアンケート結果といった他にないコンテンツは、他社サイトでも紹介しやすい有用なデータとなります。
様々なグラフや表をまとめたページを作ることも効果的で、特にインターネット上で探しだすことが難しい独自性の高い情報は、引用元として使ってもらえるチャンスが高まります。

コンテンツは一度作成すれば半永久的に存在し続け、集客効果も継続することから、専門性の高いページを作成することで、コストパフォーマンスの高い被リンク獲得施策が実現できます。

リンク切れを起こさないように定期的にチェックする必要はありますが、サイトを維持するコストのみで抑えられるので非常におすすめです。

無料を掲げたコンテンツを訴求する

人々は無料という言葉に惹かれやすい傾向があるので、無料で使えるツールやサービスなどを作成して、それらを提供することも有効です。
具体的には無料ツールやテンプレート、フリー素材といったものを公開することで、おすすめ紹介サイトやまとめサイトで取り上げてもらえる期待が持てます。
無料といった表現は非常に効果的で、ユーザーの心を掴める代表的なリードとなります。

まとめ

リンク獲得方法は、他にもコンテンツに”インフォグラフィック”を多様するといった施策、さらにサイト間同士で何らかの”パートナーシップ”を組む方法があります。

パートナーシップは、相互の情報補完を目的として”互いにリンクを貼りあう”といった意味で、一定以上の信頼関係や親和性のあるサイト同士で取り組むと良いでしょう。

注意点としては、”取り扱うジャンルも合わさず、関連性もない”相互リンクをむやみに貼ると、検索エンジンスパムとみなされる恐れがあるので、被リンク元のクオリティや内容をしっかりと見た上で、相互リンクを行うか判断するとよいでしょう。

柏崎剛

この記事の執筆者・監修者。当サイトの運営者で、目からウロコのSEO対策「真」常識の著者。主にSEO、SXOの考え方について、現場での経験から、どのようにGoogle検索エンジン対策を行えばよいかを具体的に解説できるよう努めています。再検索キーワード調査トピッククラスター構築ツール共起語調査ツール競合キーワード調査ツールキーワード難易度調査ツール検索ボリューム調査ツールサジェストキーワード調査ツールMEO順位チェックツールの考案者であり開発者。更に詳しくはプロフィールをご覧ください。SEO対策のお仕事に関するご依頼・お申し込みは、こちらのフォームから承っております。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

SEOお見積り相談

SEO資料請求お見積り相談

お気軽にSEOチェック

お気軽にSEOチェック

初心者向けアドバイス

初心者~中級者向けSEOアドバイス

ダウンロード

PDF資料ダウンロード

最新のつぶやき

[2023-02-04 10:00:07]更新

【月間検索ボリューム調査】
最新パスワードは[yaeifrjcxfuaewhjo]です。

https://tsuyoshikashiwazaki.com/tools/search-volume/
#月間検索数 #月間検索ボリューム #柏崎剛 #SEO対策

[2/4]
#Google変動値:3.8
ニュース😠
芸能・芸術😠
買い物🤔
スポーツ🤔
通信🤔
ゲーム🤔
住まい🤔
ビジネス🤔
コミュニティ🤔
飲食🤔
教育😑
IT😑
金融😑
趣味😑
美容😑
科学😑
書籍・文学😑
情報😑
車😑
法・政治😑
旅行😑
社会😑
ペット😴
医療・健康😴
不動産😴

関連タグ

, , , ,