E-A-T攻略法

E-A-T

E-A-Tとは何か?

近頃SEO対策界隈において、話題に上がり始めたE-A-Tについて解説していきます。
あまり馴染みのない用語かもしれませんが、SEO対策を行う上で、今後はE-A-T無しでは語れないだろうと言われるほど、その重要性は増してきています。

このE-A-Tとは何でしょうか。
Googleは次のように説明しています。

品質評価者は、Google が E-A-T と呼ぶ基準に基づいてコンテンツが優れているかを判断するために特別な訓練を受けています。この基準は「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」を意味します。品質評価ガイドラインを確認することで、E-A-T の観点からコンテンツを評価して、検討すべき改善点を見つけられるかもしれません。 ウェブマスター向け公式ブログ/品質評価ガイドラインと E-A-T について

この類の調査を行うには、まずGoogleガイドラインや公式ブログを見ることをお勧めします。
ガイドラインに書かれていること全てを鵜呑みにする必要はありませんが、Googleがどのような意思を持って検索エンジンを運用しているのかを改めてチェックすることも出来ます。

抽象的なGoogleの公開情報

ごく普通の事が、大層なことのように書かれています。
Google自らが発信しているSEOに関連する情報は、直接的な解決策が書かれていることはまずありません。
大概は抽象的に概念だけが書かれていることが多いのです。

回りくどい言い回しにヒントが隠されているパターンがよくあるので、ただ読むのではなく、「つまりは、こうするべきだな」と自分なりの見解をもとに具体的な解決策を捻り出さなければなりません。

ガイドラインを読み進めると、GoogleがE-A-Tに関して説明している箇所がありました。

品質評価者がどのようにコンテンツの品質を評価しているかを理解すれば、コンテンツの改善に役立てることができるかもしれません。そして、コンテンツを改善することで、Google 検索での掲載順位も改善される可能性があります。 ウェブマスター向け公式ブログ/品質評価ガイドラインと E-A-T について

期待を裏切らず、「かもしれません」や「可能性があります」といった、あいまいな表現で具体的な改善方法は記載されていませんでした。
Googleは、なぜこのようなあいまいな表現をするのでしょうか?

・1つ目の理由としては、作為的なSEO対策を行わせたくない(ハックさせたくない)
・2つ目の理由は、Google自身もまだうまくデータを解析できていなかったり、試験中であるといった状況

であると考えられます。
ここでは解決方法が記載されているわけではなく、あくまでもアルゴリズムが導入されたという事のようなので、書かれている内容を短絡的に実行してしまうと痛い目にあうことでしょう。

Googleの目的を理解する

さて、品質評価者とは誰でしょうか。
一応、検索品質評価者という専任がいることはいるのですが、この方達はあくまでもアルゴリズムが正しく機能しているかを調査することが役割で、直接的に順位を制御できるわけではありません。
つまり、最終的には実際に検索ユーザーがどう思おうが、どう感じようが、Googleは利用者全員にインタビューを行っているわけではないので、生身の人々の思考を直接理解しているわけではないのです。

E-A-Tは、Googleが「こうだろう」と、勝手に思い込んでいる仮説データということがわかるので、「私達がどのように専門性・権威性・信頼性を評価してるかを理解すれば、順位(コンテンツ)改善に役立つのでしょう」と言っているのではないでしょうか。

しかしながら、それがわかればガイドラインやブログなどを調べません。
一応、Googleからは検索品質評価ガイドラインといったものが英語で公開されているので、品質評価者の役割を知ることが出来ますが、あくまでも参考程度に心に留めて、自分なりの考察を行うことがSEO対策においては非常に重要です。
それでは、Googleは何を基準にE-A-Tの高い低いを選別しているのかを自力で導き出していきましょう。

あなたが評価する立場だったらどうするか?

SEO対策で迷ったら何よりも一番最初に、【自分がGoogleになったと想定して考える】ようにすれば、答えは概ね得ることが出来ます。

では、仮に皆さんがGooglebotとなり、インターネットの世界へ旅に出て、該当サイトにたどり着いたとします。
そのサイトのE-A-Tを評価する立場であった場合、なにを判断材料として「E-A-Tの高いサイトだ」と判定するでしょうか。

  • 俺は権威のある有名人なんだぞ!とプロフィールに記載されているサイトでしょうか?
  • 文章が読みやすく、丁寧な日本語でコンテンツが作られたサイトでしょうか?
  • デザインが美しく、プロが作ったようなオシャレなサイトでしょうか?
  • 大量の記事があるボリューム満点の読み応えがあるサイトでしょうか?
  • さながら専門家が書いたような小難しい事が書いてあるサイトでしょうか?

一瞬、それっぽい答えに見えてしまいますが、上記のような訴求は、そのサイトにおける専門性、権威性、信頼性の有無とは別の話です。

私であれば、まず外部(他者)からの評価を聞いてから判断します。

もちろん、実社会では【人柄】であったり、【見た目】、【雰囲気】で判断するような【直感】も必要になってくると思いますが、今回は匿名性の高いネット上のデータである上に、Googleはシステムで動いていることを忘れてはなりません。

該当サイトに書かれている情報は、あくまでもそのサイト自身が発信している自己評価になります。
面識のない方から「信頼してくれ」「私は超有名人です」「これは専門的な話だ」と、いくら言われてもすぐに信じられないのと同じです。

しかし、テレビやラジオ、書籍で紹介されていたり、信頼の置ける人物からのポジティブな紹介であれば、ある程度は信用できるのではないでしょうか。

人物を検索して、ナレッジパネルやSERPsを確認してみよう

ここでポイントとなるのが、GoogleのナレッジパネルやSERPsです。
今回は人物を例として取り上げますが、法人といったパターンもあります。
そのような場合は法人および組織の代表的な人物が評価対象になると考えてよいでしょう。

どのサイトにもAuthor(運営者/運営会社)といった責任者がいるはずですが、例えば私の好きな「イーロン・マスク」とGoogleで検索すると、彼の写真や動画、Wikipedia、ニュース、関連の深い人物といった情報が色々と表示されます。

 

これがGoogleが認識している特定の人物に関するE-A-Tの主な外的指標で、人によっては書籍やTwitterのアカウント、店舗であれば地図や商品なども自動的に出てきます。
この拡張された検索結果は一部ユニバーサル検索とも呼ばれており、「バーティカル検索とユニバーサル検索からニーズを探し出す」でも詳しく解説しています。

Googleは、各々(人物や組織)の業種や専門分野、得意なジャンルを大まかに分類しています。
要約すると、【人物(組織)と属性(分野)】が個別に強く結びついていて、【該当者(Author)がサイト内で発信する情報】と【人物のジャンル】が一致しているかといった判断を行っています。
すべてのジャンルやカテゴリをカバーすることは難しく、どこを尖らせるかがポイントになります。

特定ジャンルに強い人物像を作り上げる

話を戻しますと、つまりイーロン・マスク氏が、宇宙開発や自動運転といったジャンル(彼にはその他の実績も様々ありますが)の情報発信サイトを開設した場合、E-A-Tにおいては非常に高得点が期待できるしょう。
これは、イーロン・マスク氏が該当ジャンルにおいて非常に評価されているからです。

上記のような仕組みを理解し、どれほど外的な活動や対策を行えるかが、E-A-T向上の根幹となります。
自然な被リンクによる効力もありますが、このE-A-Tは被リンクだけではどうにもなりません。

Googleは、顔認証や様々な手法で個人と専門分野を特定することに努めてますが、重要視している部分としては、自サイトの【Authorプロフィール+ジャンル】と外部サイトの【Authorプロフィール(サイテーション)+ジャンル】の一致率、次点で質の高い被リンクになると考えられます。

Authorプロフィールとは、主にNAP情報というものが重要視されますが、NAP情報の詳細に関しては「YMYLは意外と単純な仕組み」の記事で解説しています。

まとめ

これからは情報発信の時代と言われます。
YouTuberやインフルエンサーの出現、またE-A-Tといった新たな考え方により検索エンジンも進化していることから、ご自身の専門的な経験や知識を万人に発信できるような活動が必須となってくるでしょう。
外界(ネット世界)に飛び出す勇気を持つ人が、今後SEO対策においてもスポットライトを浴びることになると考えられます。

私もこのサイトを立ち上げた理由の1つにE-A-Tの確保があります。

当サイトの運営者。
主にSEO、SXO、Googleの考え方について、現場での経験をもとに、どのように対策を行えば良いかを具体的に解説できるよう努めています。詳しくはプロフィールをご覧ください。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

, , , , , , ,