良質なコンテンツ(?)

Last Updated on

アルゴリズムアップデートや順位下落でアタフタする

アップデートや自サイトの順位下落の度に、「今回は何が悪かったのか」、「どういった対策を行えば、上昇するのか」と、そんなことを思いながらググっている人がいるんじゃないでしょうか。

やっとたどり着いたページには、
ユーザーのためにどんな事ができるかを考え、良質なコンテンツを作っていきましょう!
と、だけ書いてあり、「なんやねんそれ!」と解決の糸口を掴めぬまま、今も頭を抱えていませんか。

抽象的な説明ばかりするサイトは多くありますが、この記事を見れば、そんな悩みは(たぶん)解決です!

良質なコンテンツってわかりずらい

この【良質なコンテンツ】って表現は結構誤解を生むので変えたほうがいいと思っています。
まず、記事の良し悪しは、ほとんど関係ありません。そして、量も関係ありません。
よく「どれくらいの文字数を書けばSEO対策に効果的ですか?」と聞いてくる方がいますが、本気で言ってるのかと疑ってしまいます。

みなさんコンテンツというと文章、要するに記事の質や量であると考えていませんでしょうか。
そもそもそこがちょっと違います。

もちろん、ワードサラダやコピペ(これはやり方によって有り)、あまりにも何を言っているかわからない文章は例外です。
また、暴力的な表現や公序良俗に反するキーワードは、かなりクセがあるので取り扱い注意です。
※後者はサイトテーマの設定やE-A-Tでクリアできる可能性もありますが・・・

ユーザーニーズを満たすこと

Googleのいう良質なコンテンツとは、「ユーザーニーズをいち早く満たす」コンテンツの事です。

ユーザーが検索エンジン問い合わせた【疑問/質問】キーワードに適切な回答を用意してあげれば、プロが書いた綺麗な文章ではなくても大きな問題にはなりません。

ここまでは理解している人も多いかと思います。

では、「適切な回答」とは何なのか?
誰が何を根拠に適切なコンテンツと決めているのか?
これはGoogleが決めているのではなく、実は皆さん(検索ユーザー)がGoogleに送信しているクエリを元にしたデータなのです。

ここまでの話でピンと来た方は、特にこの先を読む必要はありません。
まだ、「え?Googleの社員とかが決めてるんじゃないの?」と思っている人向けに続けて解説します。

SXO (Search Experience Optimization)

ここからはSXOの領域に入ってくるかと思います。
個人的には、新しい横文字を出すとややこしくなるので、今まで通りSEOの基本コンセプトとしてまとめてしまえば良いと思うのですが、みなさんが混乱するように誰ががあえて単語を作り出して、既得権を維持しようとしているのでしょうか?

SXOとは、一般的にこのように考えられているようです。

  • ユーザーが検索したキーワードに対して正確で信頼性のある情報が提供出来ているか
  • ユーザーが見やすく使いやすいデザインになっているか
SXOとは何か?徹底解説!

しかし、SXOは様々な解釈があると思いますが、私が考えている概念とは少し違っています。
確かに上記のような捉え方も確かにあるのですが、それ以前にもっと重要な概念があると感じています。

ユーザー合わせるかGoogleに合わせるか

まず、UI/UXとSXOを分けて考えることから初めます。
基本的には関係性は強く、UI/UXを高める事を目的としたのがSXOになりますが、あくまでもこのSXOは、Googleに「うちのサイトはUI/UXに優れていますよ」と訴求する施策の事です。
生身のユーザーに「わかりやすいな~!使いやすいな~!」と言わせたら順位が上がるわけではありません。

「ユーザーのために」と綺麗事を言うことも出来ますが、UI/UXは大義名分で、判断しているのはGoogleのアルゴリズムです。

悲しいことに、現段階では本当にユーザーが求めているものを、まだGoogleは完璧に理解していない可能性があります。しかしながら、GoogleはGoogleなりの独自の考え方(アルゴリズム)に則った、ベストな判断を行おうとはしているのです。

では、Googleがユーザの求めている答えをどのように捉えているかというと、皆さんの動きからデータ分析して「こうだろうな」と思っているだけです。

問題となるのは、その「こうだろうな」と思い込んでいるGoogleのデータを私達が知る方法になりますが、実はこれは結構簡単に調べられます。

検索結果から調べる

例えば、以下のように「よく目が合う」で検索してみましょう。

「なんでそんなクエリなんだよ」と突っ込みたくなった方、まぁしばしお聞きください。
とてもわかりやすいサンプルになるのですが、このクエリで検索する人は何を求めているのでしょうか?
「よく目が合う」の検索数はGoogleとYahoo!を合わせ、月間で約2,500人もいるようで、この方達は人間の気持ちをGoogleというロボットに質問しています。
なんだかよくわからない世界になってきました。

Googleは結構わかってる

人が人とコミニュケーションを取れば、すぐにわかる事ですが、Googleのような機械からすると、まずユーザーの検索意図を理解するところから始まるわけです。
このようなクエリで、よくGoogleで上位に表示されているサイトは、【Wikipedia】だったり、言葉の意味を解説している【辞典系サイト】だったりすることが多いと思いますが、どうやらこの結果を見てみると、コラムサイトだったり、まとめサイトが多いみたいです。

要するに、この「よく目が合う」といったキーワードで検索したユーザーは、

【意味】2者間で視線と焦点が合うこと
【言い換え】目が合う ・ 目があう ・ 視線が合う ・ 視線がぶつかる ・ 視線を交わす ・ 見合う
【用法】猫とよく「目が合う」!

というような【言葉の意味を調べたいわけではない】という事を、Googleはわかっているようです。

なぜわかるのか?
これは皆さんの行う再検索をもとに、Googleは具体的なニーズを取得しています。
【よく目が合う】と検索した後に、辞書サイトにたどり着いてしまったユーザーは、「いやいや、そういうことじゃないんだよ。意味を知りたいわけじゃないの。飲み会とかで、よく目が合う子がいるんだけど、嫌われてるのかな?もしかしたら・・・ワンチャン好意を持ってくれてるのかも?」といった疑問を持って検索しているわけです。

こう思ったユーザーは、納得のいく答えを得られなかったので、次に検索するフレーズとして「よく目が合う 嫌われてる」とか「よく目が合う 飲み会」といった、具体的な質問を検索クエリとして再検索します。

この再検索クエリに対してGoogleは、検索結果を出すと同時に、データも取得できるので、「アァ、人間ハ、目ガ合ウ理由ヲ知リタイノカー」と認識するわけです。

これは検索結果の一番下で確認する事が出来ます。

再検索キーワードの重要性

検索結果には関連キーワードと書かれていますが、これは再検索されたキーワードです。1ページ目を見ても満足いく結果が得られなかった人の向けに、検索結果一覧の最後尾にキーワードが設置されている事からも察しが付くでしょう。

ちなみにこれはPCで検索した結果とスマホで検索した結果で異なります。
MFIの観点からも、スマホ版の再検索キーワードを重要視したほうがよいでしょう。

更に、この再検索キーワードをクリックすると、その再検索キーワードにも再検索キーワードがあります。更にその再検索キーワードの再検索キーワード・・・と倍々で増えていく事になりますが、一先ず再検索から派生する再検索キーワードまでの【10+(10×10)=110キーワード】程度を見れば、ユーザー(Googleの認識)が、どんなコンテンツを求めているかわかるのです。

ちなみに「よく目が合う」の再検索一覧はこんな感じでした。

出現回数出現キーワード
3回出現人とよく目が合う
3回出現店員 目が合う
3回出現目が合う そらさない 男性
3回出現目が合う 真顔
3回出現目が合うだけの関係
3回出現話 した ことないけど 目が合う
2回出現よく目が合う 女性
2回出現よく目が合う 学校
2回出現振り向いたら目が合った
2回出現目が合う 女性
1回出現あからさまに避ける男
1回出現ふたり 見つめ合う目をそらさない
1回出現ふと目が合う
1回出現よく目が合う 中学生
1回出現よく目が合う 同性
1回出現よく目が合う 嫌われてる
1回出現よく目が合う 飲み会
1回出現よく目が合う女性
1回出現中学生 彼氏 目が合う
1回出現会話中 目をそらす女性
1回出現会話中目をそらさない男性
1回出現同時に 目が合う
1回出現好きな人と目が合った時の反応
1回出現好きな人を見る目つき
1回出現好き避け 女性 職場
1回出現好き避け 目を合わせない 男
1回出現急に避ける男性心理
1回出現振り向くと目が合う
1回出現毎朝すれ違う 目が合う
1回出現片思い 目が合う
1回出現男性の好き避け行動あるある
1回出現男性心理 目をそらす 下
1回出現目 そらせ ない
1回出現目が合う 嬉しい
1回出現目が合う 慌てる
1回出現目が合う 男性
1回出現目が合う 真顔 女性
1回出現目が合う好き勘違い
1回出現目が合ったら そらさないのは好き じゃ ない
1回出現目が合ってもそらさない女性 心理
1回出現目が合ってもそらさない女性心理
1回出現知らない人とよく目が合う
1回出現職場 目が合う 男性
1回出現通りすがり 目が合う
1回出現道行く 人 目が合う
1回出現遠くから目が合う そらさない男性
1回出現遠くから目が合う男性心理
1回出現電車 目が合う 男性
1回出現飲み会 いつも隣に座る
1回出現飲み会 介抱 好意
1回出現飲み会 好きな人 アピール
1回出現飲み会 脈なし
1回出現飲み会 見つめてくる
1回出現飲み会 隣 触れる
1回出現飲み会 隣に呼ぶ
1回出現飲み会 隣に移動してくる
注意:デイリーで変化します

2回以上出現となっている再検索キーワードは、110パターンから派生した再検索キーワード内で複数回出現した重複再検索キーワードになります。要するに、いずれの再検索パターンにおいても【多くの人が行き着く再検索キーワードである】という事がわかり、特に答えにを求められている質問という事になります。

もう、理解されたかと思いますが、この再検索キーワードに関する質問にすばやく回答できるコンテンツが、Googleのいう「良質なコンテンツ」という事なのです。

ちなみに、この再検索キーワードを簡単に調査できるツールを開発しましたので、是非ご活用ください。

補足

また、補足ですが、この再検索キーワードは、季節や世の中の動きにより、毎日のように変動しています。常に最新のニーズをキャッチして、素早くその疑問に対する回答を用意できるかが、サイトのリアルタイム性となるのです。

当サイトの運営者。
主にSEO、SXO、Googleの考え方について、現場での経験をもとに、どのように対策を行えば良いかを具体的に解説できるよう努めています。詳しくはプロフィールをご覧ください。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

, , , , , , ,