緊急性の高いクエリ

狙ったキーワードに関連する答えやニーズの高い話題を取り扱うことは基本中の基本ですが、その中でも特にGoogleが重要視するコンテンツは、「緊急性の高い質問に対する回答を用意する」ことです。

正確且つ瞬時に回答を得たい

ユーザーニーズにおける回答の中にも様々な種類があります。

・重要な情報/重要でない情報
・関連性の高い情報/関連性の低い情報
緊急性の高い情報/緊急性の低い情報

その中でも、特にGoogleが正しく、且つ素早くユーザーに回答を行いたいと考えているのは、「緊急性の高い」クエリです。
Googleの生命線は、検索エンジン利用者を増やすことであるのは言うまでもありません。
検索エンジンを利用してくれる人々を多く維持する事ができれば、彼らの収益源であるスポンサー広告に接触してもらえる機会が増えるからです。
ユーザーに継続してGoogle検索を利用してもらう為には、満足のいく結果が得られるといった条件は当然のことながら、更に緊急の際にいち早く問題を解決することができるといった検索結果の信頼度を確保することが手っ取り早いのです。
1つの疑問や質問クエリに対して、何度も再検索させるといった事は、Googleからすると出来るだけ避けたいはず。
急ぎで解決したい問題を適切に素早く回答することで、根強いファンを作れると考えています。

緊急性の高いクエリとはなにか

ここでいう「緊急性が高い」といった定義は、期日が差し迫っていたり、その後すぐに必要な情報のことです。
また、危機・不安・心配・恐怖・羞恥といった要素を、いち早く解消して安心感を得られるコンテンツに該当します。
具体的にどのようなクエリで、どのようなニーズに該当するかを次で解説していきます。

「健康診断」を例とした具体的なコンテンツ設計

「健康診断」といったクエリに対して、緊急性の高いクエリを調査してみた。
緊急性の高いキーワードとなるのは、主に期日が差し迫っているものや現場での流れに関するキーワードを調べてみると抽出しやすいかと思います。

以下では再検索キーワード(LSIワード)を調べることになりますが、再検索キーワードに関しては、良質な記事の具体的な書き方で詳しく解説しています。

「健康診断+前日」と「健康診断+準備」の再検索キーワード

8回出現健康診断 前日 悪あがき
5回出現健康診断 前日 水 大量
4回出現健康診断 前日 コーヒー
4回出現健康診断 前日 タバコ
3回出現健康診断 前日 お茶
3回出現健康診断 前日 お酒
3回出現健康診断 前日 ヨーグルト
3回出現健康診断 前日 食べ物
2回出現健康診断 朝食 食べた
1回出現健康診断 ひっかからない方法
1回出現健康診断 ロキソニン 影響
1回出現健康診断 前日 悪あがき 体重
1回出現健康診断前 コーヒー
健康診断+前日の再検索キーワード抜粋
5回出現健康診断 前日 悪あがき
4回出現健康診断 朝食 食べた
2回出現健康診断 前日 コーヒー
2回出現健康診断 前日 タバコ
2回出現健康診断 前日 水 大量
2回出現健康診断 前日 運動
1回出現健康診断 前日 水 何時まで
1回出現健康診断 服装
1回出現健康診断 服装 スカート
1回出現健康診断 服装 パーカー
1回出現健康診断 服装 体重
1回出現健康診断 服装 色
1回出現健康診断 検査着の下
1回出現尿検査 食事 食べてしまった
健康診断+準備の再検索キーワード抜粋

面白いキーワードが沢山出てきました。

健康診断の前に気になるのは、「コーヒーやお酒を飲んでしまった。」「タバコを吸ってしまった。」「運動してしまった。」といったミスをカバーしたいといったニーズもありますが、一番注目するべきところは「悪あがきをしたい!」といった願望が強く存在している点です。
この悪あがきを助長することが「正しいことか」はさておき、どのようにしたら体重を減らせるか、いかに検査に引っかからないようにするかをユーザは知りた上がっていることになります。

嘘を記載する必要はないので、自力では解決できないものは「自力で解決するべきではない」という訴求も必要です。
そういった場合は、検査機関や医療機関に問い合わせをするように促すことも1つの回答となるでしょう。

また、他にも注目するべき点として「服装+○○」といったキーワードも見られます。
明日の検査に着ていく服は、どのようなものが良いかも提案してあげましょう。

「健康診断+当日」と「健康診断+流れ」の再検索キーワード

出現回数出現キーワード
4回出現健康診断 当日 コーヒー
4回出現健康診断 当日 食事
3回出現健康診断 当日 タバコ
2回出現健康診断 当日 水
2回出現健康診断 朝食 食べた
2回出現血液検査 当日 薬
1回出現バリウム タバコ 吸っ ちゃっ た
1回出現健康診断 当日 ピル
1回出現健康診断 当日 薬
1回出現健康診断 当日 鎮痛剤
1回出現健康診断 当日 鼻炎薬
1回出現健康診断 薬 バレる
1回出現血液検査 コーヒー 飲んでしまった
健康診断+当日の再検索キーワード抜粋
出現回数出現キーワード
2回出現健康診断 受付時間 何分前
2回出現健康診断 所要時間 入社時
1回出現健康診断 何時間かかる
1回出現健康診断 必要なもの 保険証
1回出現健康診断 所要時間 バリウム
1回出現健康診断 所要時間 会社
1回出現健康診断 所要時間 大学
1回出現健康診断 持ち物
1回出現健康診断 持ち物 保険証
1回出現健康診断 持ち物 学校
1回出現健康診断 料金
1回出現健康診断 時間 結果
1回出現健康診断 流れ
1回出現健康診断必要なもの
1回出現入社前 健康診断 所要時間
1回出現入社前 健康診断 持ち物
1回出現大学 健康診断 所要時間
1回出現特定健診 所要時間
健康診断+準備の再検索キーワード抜粋

当日の流れや、必要になるであろう所持品が多く出てきています。
「○○を飲食してしまった」といった前日にも出てきたニーズが同じく出現していますが、普段服用している「薬」についての問い合わせニーズが増えてきているので、丁寧に解説してあげるべきでしょう。
また、着目するべきキーワードは、「所要時間」といった質問ではないでしょうか。
おそらく、時間に追われていたり、待たされている人が多い様子が見て取れますので、こういった場合は1つ1つ場面ごとに区切って、おおよその流れと所要時間をイラストなどで表現してあげることが望まれるでしょう。

「健康診断+後日」と「健康診断後」の再検索キーワード

出現回数出現キーワード
3回出現健康診断 結果 遅い なぜ
2回出現健康診断 結果 いつごろ
2回出現健康診断 結果 すぐ出る
2回出現健康診断 結果 即日
2回出現健康診断後 食事 おすすめ
1回出現人間ドック 結果 悪いと早い
1回出現会社 健康診断 結果 見られたくない
1回出現健診結果 悪いと電話 くる
1回出現健康診断 e判定 やばい
1回出現健康診断 結果 1ヶ月以上
1回出現健康診断 結果 いつ 会社
1回出現健康診断 結果 いつ 入社前
1回出現健康診断 結果 いつ 届く
1回出現健康診断 結果 取りに行く
1回出現健康診断 結果 悪い 連絡
1回出現健康診断 結果 日数
1回出現健康診断 結果 早い 悪い
1回出現健康診断 要精密検査 いつまで
1回出現健康診断 要精密検査 紹介状なし
1回出現健康診断で精密検査と言われたら
1回出現健康診断の結果 遅い
1回出現健康診断の結果はどれくらいかかる
1回出現健康診断結果 個人情報
1回出現健康診断結果 悪いと 電話
1回出現健康診断結果 悪いと電話
1回出現市の健康診断 結果 いつ
1回出現市の健康診断 結果 遅い
1回出現雇用時健康診断 結果 いつ
健康診断+後日の再検索キーワード抜粋
3回出現健康診断後 飲酒
2回出現健康診断 終わった後 食事
1回出現バリウム 吐き気 続く
1回出現人間ドック後 体調崩す
1回出現健康診断 体調不良
1回出現健康診断 後 飲酒
1回出現健康診断 採血後 飲酒
1回出現健康診断後 お風呂
1回出現健康診断後 体調不良
1回出現健康診断後 何食べる
1回出現健康診断後 産業医面談
1回出現健康診断後 筋トレ
1回出現健康診断後 運動
1回出現健康診断後 運動していい
1回出現健康診断後 頭痛い
1回出現健康診断後 食べたいもの
1回出現健康診断後 食事 おすすめ
1回出現採血後 お酒
1回出現採血後 だるい
1回出現採血後 だるい 眠い
1回出現採血後 体調不良
1回出現採血後 筋トレ
1回出現採血後 絆創膏 いつまで
1回出現採血後 運動 なぜ
1回出現採血後の運動
1回出現献血後 体調不良
1回出現雇い入れ時健康診断 就業判定
健康診断後の再検索キーワード抜粋

そして最後は、診断後の調査です。
ガラリと変わって、「結果が遅い!」といった意見が増えているので、パターンに併せた診断結果までの日数などを記載してあげるとよいでしょう。
また、吐き気や頭痛といった「体調不良」に関連するキーワードも出てきています。
そのような場合は、速やかに医師に相談した上で適切な処置や治療を行ってもらうように記載する必要があります。
一番の不安はどうやら「診断結果や個人情報を見られたくない」といったことのようで、可能か不可能かは、私にわかりませんが、このようなニーズにも言及して、要望が叶えられる仕掛けを用意すると効果的です。
その他にも様々な細かい疑問や不安があるようなので、緊急性の高いクエリをしっかりとキャッチしつつ、適切な情報を訴求していくことをお勧めいたします。

まとめ

緊急性の高いキーワードは、イベントであれば「前日(準備)」「当日(流れ)」「後日」といったクエリで再検索キーワードを調査するとよいと思います。
危険険が迫っていたり、急ぎの要件に関しては、ダラダラとコンテンツを用意するのではなく、まずは結論から記載して導線を用意してあげることが望ましいでしょう。

また、ここで述べたコンテンツは文章だけではありません
大量の文章を読むには、問題を解決してもらうまでに多くの時間を有します。
イラストや写真といった流れを見せたり、直感的にわかりやすい図などを用意することによって、問題解決までの時間を短縮させることも可能です。

ユーザーに「来てよかった」と思わせるようなサイト設計を行うことが、SEO対策において非常に重要な評価軸となるでしょう。

当サイトの運営者。
主にSEO、SXO、Googleの考え方について、現場での経験をもとに、どのように対策を行えば良いかを具体的に解説できるよう努めています。詳しくはプロフィールをご覧ください。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

, , , , ,