中古ドメイン(オールドドメイン)取得時の心得

Last Updated on

新規ドメインと中古ドメイン

ドメインには大きくわけて2つのタイプがあります。
1つは新規ドメインと呼ばれる過去に運営履歴がない初めて作られた状態のドメインです。
一般的にドメインを取得した場合は、この新規ドメインが大多数で、本サイトである「tsuyoshikashiwazaki.com」も新規ドメインに当たります。

一方で中古ドメイン、またはオールドドメインと呼ばれるドメインも存在します。(以降「中古ドメイン」に統一)
このドメインは、第三者によって過去に運用された履歴のあるドメインで、
失効や譲渡、売却によって新たな運営者へ引き継がれるドメインになります。

中古ドメインのメリット

前述したように中古ドメインは過去の運用履歴が存在するので、これまでの評価も引き継げるというメリットがあります。
具体的な要素としては、「ドメインパワー」と「被リンク数」といったものになりますが、詳細については各々下記にて解説していきます。

ドメインパワーとは

過去にどのように運用されていたかにより、性質や特色は異なりますが、新規で取得されたドメインと比べると、中古ドメインはGoogleからの信頼を最初から保持していることになります。
運用されていた年数も大きな指標の1つですが、サイトコンテンツがどのようであったかが重要な指標です。

例えば、「渋谷に存在していたコーヒーショップ」が運用されていた中古ドメインであれば、「渋谷+コーヒー」などで検索上位表示が実現出来ている、またはそのポテンシャルを持っていることになり、新規サイトでコツコツと信頼を積み上げるよりも、初期から大きなアドバンテージを得られることになります。

しかしながら、過去に運用されていたサイトと新規で作るサイト間において、同様のジャンル、または同様の種類のコンテンツでないと、十分な効果が発揮されません。

被リンク数とは

中古ドメイン毎に大きく差が出てしまいますが、被リンクがもともとついていることが多いので、新規ドメインの被リンク0と比べると被リンク数だけでは運用履歴のある中古ドメインに軍配が上がります。
しかしながら、被リンクは数が多ければ良いというものではありません。
被リンク元にあたるサイトの質やハイパーリンクの貼られ方にも影響が出るので、それなりの選定が必要となってしまいます。

中古ドメインのデメリット

過去の運用中にペナルティを受けている可能性があります。
ドメインに関するGoogleからのペナルティは、主に「スパムコンテンツ」「違法なサイト」「不正なリンク」のいずれかに該当していることが多いので注意が必要です。
しかしながら、購入前(取得前)にはサーチコンソールに登録が出来ず、ペナルティを受けているかどうかの確実な判断できません。

どのようにして見極めるか

前述のように、その中古ドメインの良し悪しは、「どのようなジャンルであったか」、「どのようなコンテンツを保持していたか」を確認した上で判断する必要があります。
そこで調査するにあたって便利なサイト「Wayback Machine」を紹介します。

このサイトはドメイン名を入力することで、過去にそのドメインがどのようなコンテンツで運用されていたか、がひと目でわかるサービスを提供しています。
また、どれくらいの期間を運用していたかも把握できるので、ドメイン年齢も調査することが可能です。
極力ペナルティを受けているサイトの取得は回避したいので、危険だと判断したサイトのドメイン取得を行わないようにすることができます。

ペナルティを受けているサイトの見極めるもう1つの方法に、Google検索の「site:ドメイン名」コマンドがあります。
部分一致ペナルティやソフトペナルティまで完璧に判別することは難しいですが、インデクスから削除されているような全体一致型のペナルティを受けているドメインには有効な手段といえるでしょう。

では、被リンクの内容はどこで調べられるでしょうか。

自分でも利用していますが、Ahrefsをお勧めしています。
https://ahrefs.jp/

また、トラフィック数も簡易的に調べることが可能です。

しかしながら、有料サービスのみの提供になっていますので、どうしても無料が良いという方は、Link Explorerを活用してください。
https://moz.com/link-explorer
制限はありますが、現時点ではfree accessで利用することが可能なようです。

もしかすると、その他にも被リンク元やトラフィック数を調査できるサービスがあるかもしれませんので、是非ご自身でも探してみてください。

中古ドメインの有効的な活用方法

中古ドメインは新規サイトを立ち上げる際に効果的であると考えている方が多いと思いますが、個人的には長年の経験から、外部リンク元サイトで活用してこそ真価を発揮すると感じています。
新規サイトで中古ドメインを適応させるには、サイトコンテンツやカテゴリ、ジャンルが相当マッチしたドメインでないと成果を上げることが難しく、サイトパワーだけはあるものの、過去のサイト履歴に検索結果が傾き、被リンクに至っては過去に貼られていたアンカーテキストに大きく依存するので、中古ドメイン取得にはそこそこの経験と鑑定眼が求められます。
余程の自信をお持ちでない限り、新規サイトで中古ドメインを活用することはお勧めしません。

狙い目な中古ドメイン

最後に私からいくつかのポイントをアドバイスします。
中古ドメイン取得にあたって、下記の3点に留意して調査するとよいでしょう。

①日本語コンテンツ
おそらく、この記事をご覧になっている方の大多数が日本人で、日本語のサイトを運用しようと考えられているはずなので、日本人向けのサイトを公開する予定であれば、中古ドメインも日本語で運用されていた履歴を持つサイトが望まれます。
また、中国、ロシア、イスラム圏の言語で運用されていたドメインは避けたほうが懸命でしょう。
詳しいことはあえて省略しますが、Googleがアメリカの企業であることを念頭に入れておいてください。

②DRやDAが高いサイト
ドメインランクとドメインオーソリティの略です。
DRはAhrefs、DAはMoz(Link Explorer)で使われている指標になります。
有料なので確認が難しい方もいるかもしれませんが、眼を養えば自分なりの点数をつけることが可能です。
しっかりと確認するべき点は、「被リンクの質」「過去のアクセス数」「ドメイン運用年数」になりますが、過去のアクセス数だけは無料で調査することが出来ないかもしれません。
しかしながら、このWayback Machineを使用したり被リンク数の数から、そのサイトは優秀であったかどうかが何となくわかるはずです。

③アフィリエイトサイトは取得しない
被リンク元のサイトとしては活用できる場面もありますが、新規サイトでは手を出さないほうが懸命でしょう。
アフィリエイトサイトの運営者は、少なからず素人ではない人たちが多いので、ドメインが荒らされている確率が高いです。
過度なリンクや質の低い記事、なんらかのペナルティを受けている可能性があります。
優秀なドメインであれば、ドメイン解放する理由があまりないので注意が必要です。

以上のようなDR(DA)が高いサイト、被リンクが多いサイトではなくても、もともと店舗の紹介サイトであったり、個人がコツコツと更新していたブログサイトっといったドメインは、比較的中古ドメインによるSEO効果が高いといった感触があります。

自分なりの考えをもとにルールを作り、中古ドメイン取得・活用の世界へ足を踏み入れてみるのも良いのではないでしょうか。

終わりに

私のTwitterで毎日「中古ドメインの解放リスト」を公開しています。
そもそもドメインをどう探すかわからない方向けに提供していますので、興味のある方は是非フォローいただければと思います。

当サイトの運営者。
主にSEO、SXO、Googleの考え方について、現場での経験をもとに、どのように対策を行えば良いかを具体的に解説できるよう努めています。詳しくはプロフィールをご覧ください。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

, , , , ,